よふかしのうた 57話 感想(ネタバレ注意)おばさんじゃん!w

ドラマ

前回の感想にも書いたんですけど、私の予想はナズナの年齢は100歳を超えているというものでした。

サンデー繋がりで言うと、葬送のフリーレンの主人公「フリーレン」はエルフなんですよね。だから、とても長生きなんです。でも、最近まで具体的な年齢が分かっていなくて、いくつかの要因から1000年くらいは生きているんじゃないかという予想をしました。

そしたら本当に1000年も生きてたんですよね。これはビックリ。でも当たっていて私スゲーなんて思ったものです。そんな感じで今回の予想も当たるんじゃないかと思っていました。やっぱり吸血鬼と言えば中世のイメージがあるし、それくらいから存在してもおかしくないでしょ? 

そしたらまさかの40歳くらい。めっちゃおばさんじゃん!! 

いや、こればかりはしょうがないですよね。100歳とかなら人外っぽいですけど、40歳くらいだとコウが言うようにすごくリアルな数字なんですよね。なんというか、その人の人間だったころを安易に想像できてしまう。それがおばさん感を出してるんじゃないかって。

だからナズナは恥ずかしくて言えなかったと言ってましたがまぁ正解ですね。コウは本当になんとも思っていなかったようですけど、40歳くらいの吸血鬼がこんな言動をしているんだと考えてしまう人だっているだろうし。

ちなみに私も問題ありません。おばさんだとは思うけど、結局性格と見た目だからね。見た目が若々しく、性格も若々しかったらそれは若者なんですよ。そうじゃないと自分が年老いたときのことを考えると悲しくなっちゃうじゃん。いつだって若くありたいものです。

57話の大まかなあらすじ
  • 吸血鬼たちは人間だったころの私物を破壊する方針を固めた
  • ナズナとコウはナズナの人間だったときのこと、ナズナの年齢について語り合っていた
  • 部屋を漁っていたときにナズナが人間だったときの診察券が見つかり、その病院に向かうことにした
  • そこで看護師として働いている吸血鬼「カブラ」と再会するのであった
スポンサーリンク

弱点は破壊してしまえばいい

よふかしのうたの吸血鬼が不老不死なのかは知りません。でも人間とは比較にならないくらい長生きをするし死ににくいのは間違いありません。だから、慢心してしまうんでしょうね。

自分たちの弱点について今まで考えたことなかったみたいです。そりゃ人間には殺されないというか、そもそもそんなに関わらないんだから大丈夫だと思ってしまいますよね。

でも探偵という存在が登場したことで状況が一変しました。吸血鬼も人間に殺される可能性が出てきた。それどころか場合によっては人間以下の力に堕とされるかもしれない。

慢心していたからこそ、今回の出来事は恐怖をかき立てるでしょうね。そんなわけで吸血鬼一同は語り合った結果、人間だったころの私物を破壊することに決めました。これが一番です。

大切に持っていた物を壊すのは悲しいし苦しいです。私なんか些細な物ですら取っておくから部屋がゴミ屋敷のようになってしまっています。だからこそ、彼らの気持ちが分かるんですよね。

一緒にするなと言われそうだけどw 

ただ、そうなると人間だったころの記憶がないことが弱点になってしまいます。

スポンサーリンク

どうやって探そう

吸血鬼は、吸血鬼になった時から少しずつ人間だったときの記憶が消えていくんだそうです。具体的な仕組みは分かりませんが、実際に吸血鬼が体感していることなんだから間違いないんでしょうね。

つまり、吸血鬼になってから長い人であればあるほど記憶の発掘が難しく、人間だったころの大切な物を探すことができないということになります。

ナズナは完全に記憶がないようでした。ただナズナに関しては吸血鬼だから忘れたというよりも、ショッキングな出来事により強制消去したというのが正しいような気がします。

だっていつ吸血鬼になったのかも分からないってよっぽどのことでしょう。気づいたら今の部屋で起きたって認知症患者が突然完全回復した、みたいじゃないですか。まさかそんなはずないでしょうし、やっぱり何かがあったんだと思います。

だからナズナの事はいったん置いておくとして、他の吸血鬼たちもそれなりに長生きしてそうですし記憶も微妙そうなんですよね。それでもそこまで深刻ではないということは、おそらくナズナほどの記憶喪失ではないということです。

それに大切な物と言うくらいだから、そのことについては覚えていると思うんですよね。意識はしていなくても常に頭の中にある思い出、みたいな感じ。だから取り合えずナズナ以外は何とかなると思っています。むしろ、物を探す際に探偵と遭遇しないかが心配です。

スポンサーリンク

診察券を発見!

今回発見された診察券には30年前の日付が書かれていました。てことは、やっぱりナズナは40歳くらいですね。というか、45歳くらいかな? 

そんなわけでナズナとコウは病院にやってきたんですけど、いやー病院の感じがすげーリアル。街中にあるそれなりの大きい病院で、しかも何十年も前にあるから古臭い。

マジで分かると全力で頷いてしまいました。

私は子供のころから新しめの病院に通っていますが、そういうところに行くときにたまに目に入るんですよね。この病院、古いけどあんまり人がいないなぁって。どうやって成り立たせているんだろうと気になってしょうがないです。

もちろん、古臭いからと言って必ずしも患者が少ないというわけではありません。でも、今回の病院はちょっとそれっぽいですよねw

タイトルとURLをコピーしました