よふかしのうた 49話 感想(ネタバレ注意)あれれれれれ????

ドラマ

前回の感想にキクはろくなことをしなさそうと書きました。

というのも、キクという吸血鬼は振る舞いからしてかなり不穏だからです。作者がそういう風に書いていると言われるとそれまでなんですが、マヒルを誘導しているようなところがあるし…。

でも、それは吸血鬼としては普通なんですよね。

マヒルは中学生だしショタコンかよと思わんでもないんですけど、まぁそこは置いておいて吸血したり眷属を増やしたいなら思考誘導し誑かすのが一番です。

それに中学生と言えば性欲を持て余していたり未成熟な考えをしていたり、とにかく操りやすそうな年頃ですよね。だから、マヒルは容姿も良いしキクが目をつけるのは不自然なことではありません。

でも、マヒルとコウが吸血鬼のことで揉めている中、マヒルに目を付けた吸血鬼がいるとなると不穏としか言いようがありません。だから今回はろくなことにはならないんだろうなぁと思っていたらこれですよ。

思いのほかキクは良い人そうな言動をするじゃないですか。これはもしや作者のミスリードなのではないかと思っていたらまたまた変化! 

キクの印象がたったの1話でコロコロと変わるんだからアレレって感じです。でもこうなってくると、やっぱり不穏な気がしてなりません。どうなることやら。

49話の大まかなあらすじ
  • 逃げるコウの後を追いかけてきたのは吸血鬼のキクだった
  • お互いに聞きたいことを聞くも、どうやらキクはそこまで悪い吸血鬼ではなさそうだった
  • しかし、コウがキクにお願いをしたところ態度が一変する
  • そんなところにマヒルが現れたが…
スポンサーリンク

どうしてキクに悪印象を持つんだろ

前回の感想からずっとそうなんですけど、私は一貫してキクに悪印象を持っています。

ただ、どうして悪印象を抱いているのかは自分でもあまりよく分かっていません。だから、どうしてなんだろうと考えてみたところ二つの要素があることに気づきました。

一つ目は軽薄な目です。

人間を見下しているってわけではないんでしょうけど、どうでも良いと思っていそうなんですよね。もちろん、キクがそういう性格なのかは分かりません。あくまでもそう見えるってだけ。

ただ、これに関しては作者がそういう風に書いているからなんですよね。そういう風ってのは軽薄という意味ではなく、なにか良からぬことを考えていそうな目という意味です。まんまと騙されているような気がするんですけど、そこはまぁ楽しんでいるってことで。

二つ目はマヒルが中学生であること。

これも前回の感想で言ったことなんですけど、中学生って子供じゃないですか。もし人間の大人が中学生と遊んでいたら犯罪ギリギリですよ。ここで恋愛に発展したら、行きつく先は刑務所です。ロリコン、ショタコン扱いされて人生終了します。

吸血鬼だからってことでサラっと流してますけど、よくよく考えるとナズナとコウの関係もヤバいですよね。ナズナは見た目が幼いからそこらへんは中和されてますけど、キクの場合は普通に大人なのでどうなん?という気持ちが湧いてきてしまいます。

以上の二つがキクの悪印象を持つ原因かなぁと思っているんですけど、本当にそうなのかは私にもよく分かっていません。

スポンサーリンク

思ってた展開と違う!

この言葉を言ったのはコウですけど、私も全面的に同意します。マジで思ってた展開と違いました。

キクに関しては散々語っているのでここまで見てくれた方々は分かってくれると思うんですけど、私はキクに対して悪い印象しか持っていないのでろくなことにはならないと思っていました。

それこそコウが言ったように「言ったら殺す」みたいな展開になると思っていました。そこにナズナが現れて危機を脱したかと思えば、探偵も現れて混迷を極めるみたいな展開を予想していたので、そういう展開にはならなそうでホッとしています。

私あまりあの探偵が好きではないので登場してほしくないんですよね。ナズナやコウの何気に日常が好きなんであって、吸血鬼を殺す殺さないみたいな話には興味がありません。

ここまで読んでおいて何ですけどしょうがないよね。はやく何時もの日常に戻れと願っています。

スポンサーリンク

良い人からの怖い人

ここまでは本当に予想外の展開で、これは今後に期待できると思っていたらこれですよ。

まさかのキクの豹変。まぁ元からこういう性格なんでしょうけど、良い面を見せておいてこれは恐怖しかありませんw 

コウとしては吸血鬼を嫌っているマヒルに真実を知って欲しい。キクとしては自分のタイミングで告白したい。話自体はすごく単純なんですけど、キクは吸血鬼という事実が事態をややこしくしていますね。

そして、こうなったら殺してしまおうと安直な行動に出ようとしたキクはやっぱり良い人ではありませんでした。やっぱり吸血鬼って長い時を生きるから徐々に狂っていくのかな。人間ではしないことを当たり前のようにやってきますよね。

ただ、ここはマヒルのおかげで助かりました。でもこんなことになってるのある意味マヒルのせいだよねw

スポンサーリンク

マヒルとキクの反応

吸血鬼であるキクをマヒルが受け入れるのは予想外でした。でも、よくよく考えるとマヒルは吸血鬼になろうとするコウを受け入れたわけですし、信用している人なら許せるんでしょうね。

以前のマヒルはちょっと自分勝手な考えで行動していたのであまり好きになれませんでした。私は別に吸血鬼になっても良いじゃんと思っているのでマヒルに反感を覚えたわけです。

でも今はコウだけでなくキクの事も受け入れようとしているじゃないですか。流石に変わり過ぎじゃないかと思わんでもないですけど、でも私はこういうマヒルのほうが好きです。

んで、そのことを良いことにキクは何やら悪だくみをしていました。マジで今回だけでもキクは三転くらいしてますよね。どれがキクの本性なのか分かりません。

タイトルとURLをコピーしました