よふかしのうた 48話 感想(ネタバレ注意)何だかんだ仲直り

ドラマ

そもそも喧嘩しているという認識がなかったので仲直りと言われてもイマイチしっくりこないんですけど、何はともあれマヒルとコウからギクシャク感が取れて良かったですね。

個人的にマヒルとコウの関係を改善するうえで、マヒルの解決策が面白いと思いました。

マヒルはコウに吸血鬼になってほしくない。以前見た吸血鬼のように凶暴になるかもしれないから。まぁ人間としては、人間に危害を加える別の生き物がいてもらっては困ります。自然に生まれるのなら仕方がないにしても、人工的に作られているなら阻止しようと思うのは人間の本能としては正しいんでしょうし。

でも、結局のところ吸血鬼になりたいという想いがコウから消えないなら、マヒルがどれだけ否定しても意味がありません。まさか四六時中コウと一緒にいるわけにもいかないだろうし、そもそも幼馴染とは言っても他人なんだからそこまで干渉するのはあまり宜しくないですよね。

だったら、吸血鬼になったコウを凶暴化させないように、自分たちの血を与えれば良いというのは非常に合理的で素晴らしい案だと思いました。良いのはマヒルだけでなくアキラも同様の考えだと言うことです。ここで意見が食い違えば、それこそ仲違いしてもおかしくありません。

それはそれで別に良いんですけど、極力仲良くしておいた方が精神的にも良いですよね。だから、みんな意見が同じってのは安心できます。

48話の大まかなあらすじ
  • コウは警察に追われた件をアキラに話していた
  • そんなときにマヒルとキクが現れる
  • コウはキクと握手し吸血鬼であることに気づく
  • 混乱したコウは用事があると言って走り去ったのである
スポンサーリンク

中学生と大人

自分が中学生の時、大人をどう見ていたんだろうと思いだしてみたんですけど、言うほど今と変わっていないことに気づきました。

私は根本的に他人が嫌いです。中二病的なアレではなく、対人恐怖症みたいなものです。とくに人混みが苦手で、異様に他人の目を気にしてしまいます。

中学生の頃からそういう恐怖みたいなものはあって、しかも中学生の時の大人って高校生や大学生のころよりも大人感が強いじゃないですか。だから、結構大人を恐れていたような気がします。

逆に大人になってから中学生を見ると子供なわけですよ。まぁ私の場合は子供だろうが大人だろうが恐怖の対象なので大した違いはないんですけど。

でも私たちが中学生のころに思っていた子供っぽさよりも、大人になってからみる中学生はずっと子供なんですよね。何が言いたいかというと、マヒルはキクにガキ扱いされなくて嬉しいみたいなことを言ってましたが、それはそれでちょっと気持ち悪くないかと思うんですよね。

友人の子供であったり親戚の子供であったり、昔から知っている人ならそこまで抵抗感はないんですけど、見ず知らずの中学生を大人と同じくらいの対応をするのってどうなんでしょう。

自分でもよく分かってないんですけど、なんでこれが気持ち悪くみえるんだろ。不思議ではありますが、気持ち悪いもんは気持ち悪いです。

スポンサーリンク

キクは良い人そう

そもそもキクは人間ではないし、良い人そうってのも表面上のことでしかないですけど、でもまぁマヒルの相談に乗ってアドバイスしているのは良いやつって感じですよね。

でも、本当に良いやつなのかというと、どうなんでしょう。

キクが吸血鬼なのはアキラやマヒル以外には周知の事実ですが、当然そのことを知らないマヒルは吸血対象だと思うんですよね。女吸血鬼が人間の男を誑かすってのはそういうことです。

でも本当にそれが目的なのか、それ以外にも目的があるんじゃないかと勘ぐってしまいます。具体的にどうこう言えるだけの証拠はないのでアレですけど、なんというかキクは不穏なんですよね。

とくにマヒルとコウが吸血鬼で揉めているときにこの展開ですから、ろくなことにならないような気がします。何事もなければ良いんですけど…。

スポンサーリンク

何でも知ってる探偵

この探偵マジで何でも知っているような気がする。

だって43話のときにアレコレ言ってたじゃないですか。名前や年齢は良いとしても、スニーカーが好きで中古で安く購入しているとか、恋愛経験はないとか。

明らかにコウと友人くらいしか知らないような情報を知っているし、なんならコウのちょっとした性癖だって把握しています。これに関しては友人すら知らないことだと思うんですけど、この探偵はどうやって情報収集しているんでしょうね。

単にギャグ描写って可能性もあるけど吸血鬼すら知らないことを知っていたり、色々と凄味がある探偵なのでマジでコウのありとあらゆることを知っていてもおかしくないと思っています。

スポンサーリンク

キクとコウのこれから

キクはコウから吸血鬼の匂いがすると言っていました。一方でコウは握手してキクの事を吸血鬼だと見抜きました。どっちも不思議ですね。

そもそもキクはコウの事を知っているんだと思っていました。多分キクって例の吸血鬼たちの仲間でしょ? そういう認識だったので、コウを知らないようでビックリです。

コウはキクと握手するだけで吸血鬼だと見抜きました。手が冷たいとかそういうことだと思うんですけど、冷え性の人ならそういうこともあると思うんですよね。

にもかかわらず、吸血鬼と断言できたのはどうしてなんでしょうか。

吸血鬼特有の冷たさみたいなものがあるのかな。まぁ何にせよ二人はお互いのことをちょっとだけ知ったことになります。ここからどういう展開になるのか。不安はありつつ楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました