天国大魔境 6話 感想(ネタバレ注意)これは試験管ベイビー!

SF

コナが書いている赤ちゃんの絵をみてククは変だと言いました。トキオが話を聞くと、ククは本物の赤ちゃんを見たことがあるらしく、コナが書いているような顔はなかったと言います。

SFを読む、あるいは見る人ならビビッとくるかもしれません。たぶん試験管ベイビーでしょうね。普通赤ちゃんは人間の体内で成長します。しかし、技術力が高まれば体外で育てることだってできるはずです。

重要なキーワードは「本当の赤ちゃんには顔がない」というククの言葉。調べたところ赤ちゃんの顔が形成されるのは妊娠3か月くらい。おそらくククはそれ以前の試験管ベイビーを見たんだと思います。

とか何とか言っておいて、本当に顔がない赤ちゃんが出てきたらどうしよう。試験管ベイビーとかではなく、なんらかの実験で生まれた赤ちゃん、みたいな。

6話の大まかなあらすじ
  • トキオとミミヒメはボールで遊んでいた
  • するとボールが先生専用のドア付近にいってしまう
  • 無事ボールを取ることができたトキオだったがドアの先のことを考えてしまう
  • そんなときタカが面白いことを思いついたとやってきた
  • 3人が向かった先には多くの人がいて、何をするかと思えばメンテロボットの力を知りたいのだという
  • メンテロボットの力は強く、瞬く間に天井付近まで登っていったが、バランスを崩しタカは落ちてしまった
  • 一方壁の外ではマルとキルコが船を作り水没した街の中を渡っていた
スポンサーリンク

施設の闇

もし本当に施設の人間が試験管で人間を作っているなら闇なんだけど、よくよく考えると本当に闇なのか疑問に思ってしまいます。確かに現代の価値観ではアウトなんでしょうけど、そもそも現代の技術ではできないことだし天国大魔境の世界では大災害により文明が滅んでいます。

価値観なんてものは時代と共に変化していくものです。しかも大災害という大きな転換点を迎えているなら、試験管ベイビーを闇と言い切るのは難しいんじゃないかなぁと思いました。

ただ、目的にもよります。復興のために人類を増やさなければならない。そのためなら分かります。けど、それ以外の目的だと…。場合によっては闇でしょうね。

スポンサーリンク

ミミヒメの力

ミミヒメは上から何かが落ちてきているような感覚に襲われました。そして、メンテロボットを利用して天井付近まで行ったタカは落ちてしまいました。

果たして関連性があるのかは不明です。普通に考えるなら無いと断言できます。しかし、トキオにそっくりな人物が壁の外から迎えにきたという言葉と、トキオの言うとおりになったという言葉から全く関連性がないと言い切ることはできません。

ただ、こうなってくるとミミヒメとキルコは同一人物ではないということになります。元からそんなに似ているとは思っていませんでしたが、トキオとマルのことがあり可能性はあるんじゃないかと考えていました。しかし、キルコにはミミヒメのように予知的な力はありませんでした。だから、ミミヒメとキルコは別人でしょうね。それはそれとしてミミヒメの力は一体何なんだろうね。

スポンサーリンク

先生達専用のドア

明らかに怪しい先生達専用のドア。ちょっとでも近づくと監視カメラが反応して、先生らしき人物が話しかけてくる。いやー、本当に怪しすぎて笑ってしまいます。

トキオの考えでは、先生達専用のドアは外に繋がっているんですけど、流石にそこまで不用心ではないと思うんですよね。もし本当にドアから外に行けるなら間抜けにもほどがあるでしょ。

だって、あのドアって監視カメラしかないでしょ。強行突破されたら終わりです。だからドアから外には行けないと思うんですけど、かといって何もないかと言うとそうでもないんじゃないかなぁって。

それこそドアの先のドアの先のドアの先くらいには外へ繋がる出入り口があってもおかしくありません。じゃないと先生たちが外に行けないしね。それとも先生達もこの施設で生まれて育ったのかなと思ったけど、大災害は15年くらい前だしあり得ないか。

スポンサーリンク

メンテロボットの力

メンテロボットが壁に張り付くだけで驚きなのに、人間一人乗せても当たり前のように動いたのは驚きです。これ上手く利用したら天井に手が届きそうです。まぁ天井に手が届いたところで何かがあるとは思いませんが。

けど、メンテロボットがバランスを崩したのは気になります。意図的にバランスを崩したのか、人間の重さに耐えられずにバランスを崩したのか。意図的なら、もしかしたら天井には何かがあるのかもしれません。私は何もないと思っていますし、人間の重さに耐えられなかっただけでしょう。

スポンサーリンク

タカは化物か!?

そのメンテロボットから落ちたタカ。みんなはビックリしていたし、私もあの高さから落ちて頭を打ち付けたら死ぬだろと思っていました。けど当たり前のように起き上がったうえに何ともないような顔をしているんだから驚きです。

以前も自分がボールを投げてキャッチするみたいな離れ業をやってのけていましたが、明らかに常人離れしています。外にいるマルが力を持っているように、内にいるミミヒメが何らかの力を秘めているように、タカも身体的な力を持っているんじゃないかと思いました。

もしかして、この施設は対怪物用の人間を作り上げる場所だったりして。その割には今のところミミヒメとタカしか力の片鱗を見せていないし…。うーん、どうなんだろう。

スポンサーリンク

シロはミミヒメのことが好き

金髪おかっぱの男の子。以前からミミヒメをみたら、何やら怖い顔をしていたり。怪しい動きをしていましたが、案の定ミミヒメが好きなだけという。彼女に抱き着かれただけで鼻血を出すってどれだけ初心なんだよw けど、ミミヒメはまるで興味なさそうなのが何とも言えません。

ところで前回シロにミミヒメの全裸写真が送られてきました。あの件がまるでなかったかのようにシロは振舞っています。ミミヒメの反応を見るに、やっぱりミミヒメが送ったわけではなさそうだし、他の人が送ったとしてもそもそもどうやって盗撮したんだという謎があるし。分からないことだらけだけど、6話の終わりの煽りを見るに色々と物語が動きそうな予感がします。

スポンサーリンク

大災害って何なんだろうね

定期的に出てくる災害、大災害という言葉。そして被害を受けたであろう人間であったり建物であったり。大変だったんだなぁということは分かりますが具体的に何があったのか明らかになっていません。

人食いの怪物がいるあたり、怪物が人々を襲ったのだと思いました。けど、それだと建物がボロボロであったり、今回のように水没している家があることに説明がつきません。

単純に考えるなら地震です。けど、地震で文明が滅ぶほど人間が死ぬでしょうか。地震と怪物の襲撃と、その他いろいろが同時多発的に発生してこうなったとか?

スポンサーリンク

文明が滅んだあとの街並みって良いよね

水没しているから向こう側へと渡れない。だったら船を造れば良いじゃない。いや、まぁそうするしか方法がないとはいえ、あっさりと作ってしまうあたり文明崩壊後を生きる人間だなぁって。

生きる上で楽なのは間違いなく現代なんでしょうけど、どうしようもない人生を歩んでいると破滅願望的なものが芽生えるんですよね。自身を破滅させるという意味ではなく他者を、もっというとその他大勢が破滅してほしい。その究極が天国大魔境みたいな世界。こういう世界で生きてみたいです。

今の世界ですら満足に生活できない私ですから、たぶんマルやキルコのように生きながらえることは不可能で、なんなら災害時にその他大勢の一人として死んでいるんでしょうけど、それでもこういう状況には憧れてしまいます。ほとんど人間がいない世界で、ゆったりと旅をしたいなぁ。

今回はそういう気持ちにさせられる回でした。

タイトルとURLをコピーしました