天国大魔境 5話 感想(ネタバレ注意)優しい人だと思ってたのに…

SF

前回の感想には結局書かなかったんですけど、4話を読んでこう思いました。こんな荒廃した世界だけど人間に優しくなれる人がいるんだって。だったら、人間は滅びず再興できるかもしれない。みたいなことを思っていたんですけど、まぁそんな都合いい話はないですよね。

女将さんは旅館にやってきた人間を怪物に食わせていた。これはあくまでも仮説にすぎません。けど、怪物から守るために睡眠薬を飲ませるわけがありません。前回は素直に「はえ〜」と納得していましたが、冷静に考えるとおかしな話ですよね。

怪物から守りないなら説得すればいいはず。けど、女将さんはキルコの怪物を殺せると言う言葉を聞いて、説得するでもなく普通に離れていきました。だから、キルコの仮説は可能性が高いと思いました。ひどい話だけど、女将さんも被害者なんですよね。なんでこんな世界になっちゃったんだろう。

5話の大まかなあらすじ
  • マルとキルコの怪物退治が始まる
  • 2人は冷静に状況を分析した結果、怪物の行動パターンを読み取る
  • キルコがキル光線を放ち、あと少しで倒せるように見えたが、女将さんが止めてしまった
  • 話を聞くと怪物が女将さんの息子を食ったんだそう
  • そして怪物のことを息子だと思い込んでいた
  • しかし女将さんはあっさりと怪物に殺されてしまった
  • マルは自身の何らかの能力で怪物を殺した
スポンサーリンク

女将さんが警戒しなかった理由

荒廃した世界では見ず知らずの他人を信用するのは難しい。でも、女将さんはマル達と出会ったとき警戒してなかったし、案外田舎は平和なのかな。みたいなことを前回の感想で書きました。

今回の出来事で納得しました。怪物のことを息子だと思っているなら、そりゃ無敵ですよね。怪物は銃では殺せません。軍隊とかなら何とかなるのかもしれませんが、こんな田舎にやってくるはずがありません。マルやキルコは本当に偶然です。こんな人間が他にもいるなら、人間が怪物に苦しめられるわけないですよね。状況を考えるとほとんどの人間が怪物に勝てないのは明らかです。

だからこそ、怪物と意思疎通ができていると思い込んでいた女将さんは他人を警戒する必要がありませんでした。もし、自分が窮地に陥ったら助けてくれる。そんな思いがあったんでしょうね。

結局のところ女将さんの末路を見るに、意思疎通ができていると言うのは女将さんの妄想でしかありませんでした。怪物に息子を食われて正気を失ったんでしょう。悲しいね。

スポンサーリンク

この怪物2話の時のやつじゃん!

前回の感想で、同じ怪物だけど2話と同じではないでしょ、みたいなことを書きました。

いや、めっちゃ同じやつじゃん! 

気づいたきっかけは怪物の大きさでした。めちゃくちゃデカいじゃないですか。2話の時は屋根の上に止まっていて、小さく見えました。それこそ普通の鳥よりちょっと大きいくらい。けど、今回マルとキルコが対峙して怪物の大きさがハッキリと分かりました。

んで、改めて2話の時の怪物はどんな大きさだったけと見返してみたところ「八巣旅館」と書いてありました。そうなんですよ、2人が泊まっている旅館がまさに八巣旅館なんです!! 

気づいたときは驚いたものですが、多分察しのいい人は4話の段階で気づいていたんでしょうね。私はあまりにも察しが悪くて、読み返してようやく気づくことができました。

てか、さっきも言ったと思うんですけどマジで怪物でけえな。これが何体もいるんだから、そりゃ人類はボロボロですよ。こんなんとんでもない兵器が開発されないかぎりどうしようもありません。キル光線は良い線いってるし、連発できるものがあればどうにかなるかも?

スポンサーリンク

女将さんの想い

怪物に食われた息子。怪物は不思議なことに女将さんを食うことはなかった。分かるよ。意思の疎通ができているんじゃないかって思ってもおかしくありません。

怪物のことが研究により明らかになっているなら違ったんでしょうけど、人類は順調に衰退していて研究している人がいるのかすら分からない状況です。だったら怪物に食われた息子が、怪物を乗っ取ったと思いたくなりますよね。

もし私の身内が怪物に食われたら、憎しみや恐怖のほうが強くて乗っ取ったとは思わないでしょうし、なんなら戦わずに逃げると思います。けど、子供だからなぁ…。その結果が怪物に食われるんだから、救いがなさすぎます。

不思議なのは作中でも言われているように、どうして怪物は女将さんを今まで襲わなかったのかということ。これまた作中で言われていることですが、私は女将さんが怪物に人間を餌として与えていたからという説を推したいです。

荒廃した世界で他人に対する良心なんてないんですよ。自分がその立場になったら、自分のためだけに行動するだろうなってことが安易に想像できてしまいます。怪物のことを息子だと思っているなら、自分から離れていかないように、あるいは自分が食われないように旅館にやってきた人間を与えてもおかしくありません。

そう考えると無意味に旅館を営業していることに納得がいきますし、睡眠薬を飲ませたことも理解できます。胸糞悪い話ですが、色々と明らかになってスッキリです。

スポンサーリンク

キルコの想い

キルコは女将さんが殺されても冷静に状況を分析していた。正直マルもキルコもそういう性格だと思っていました。他人にはあまり興味がなくて、人が死んでもそこまで動揺することがない。だって、こんな世界じゃん。そりゃ無関心になってもおかしくないですよ。

けど、マルはそんなキルコに怒っていました。キルコよりもマルのほうが他人に興味なさそうだったからこの反応は驚きです。しかも、キルコは泣いてしまった。もちろんマルに言われたから泣いたのではなく、女将さんが殺されたから助けることができなかったから。悲しいね。

スポンサーリンク

マルの力

今回明らかになったマルの力。とはいっても、簡単に説明できるほど分かりやすいものではありませんでした。これ何なんでしょうね。マルが怪物に触れると、何かが怪物の体内へと入っていた。そして心臓に近づくにつれ、その何かは手の形を形成していき、最終的には握りつぶした。

心臓とは言ったものの心臓のような形はしておらず、あくまでも比喩表現のようなものです。実際マルが握りつぶしたら死んじゃったし、そんなに間違っていないかと。

当たり前のようにマルの力、なんて言ってますけど、よくよく考えるとおかしな話です。だって、普通こんな力ないでしょ。災害による影響で力をもつ人間が生まれるようになったのか、そもそも元からこういう力がある世界だったのか。後者なら納得ですけど、前者なら何だか面倒くさくなりそうな気がします。

にしてもマルの力はかなり強力で、代償みたいなものはないんですかね。こんなん近づきさえすれば殺せるんだから最強でしょ。近づけない敵だと厳しいだろうけど。早い敵とか常に飛び続ける敵とか。

タイトルとURLをコピーしました