天国大魔境 4話 感想(ネタバレ注意)お姉ちゃんの名前が明らかに!

SF

兄弟という割には似てないよなぁ。でも兄弟じゃないのにお姉ちゃんなんて言うかなぁ。とは思っていましたが、本当に兄弟じゃないとは予想外でした。

兄弟じゃないからといってお姉ちゃんとは呼ばないというのは誤りで、親戚だと言ったり言われたりしますよね。けど、こういうのって体裁みたいなもので、文明が滅んでいる時代には似つかわしくないと思っていました。

でも、兄弟じゃないなら何でお姉ちゃんなんて呼んでるんだろう。個人的には人の名前が呼ぶのが苦手なので、そういう意味でお姉ちゃんと呼んでるのかなぁと思わんでもないですけど、マルはそんな性格ではないだろうしよく分かりません。

4話の大まかなあらすじ
  • ボディーガードのキルコは疲れ切っていた
  • 2人は眠れそうな場所を探していたところ営業している旅館を発見し驚いた
  • 温泉に入って、飯を食べて、満足した2人は眠りについた
  • そして人食いヒルコが現れた
スポンサーリンク

お姉ちゃんはキルコ

主要人物の名前が4話まで分からなかったの珍しいんじゃないでしょうか。

お姉ちゃんの名前はキルコ。いったい何をどうしたらキルコなんて言う名前をつけられるのか。きっとキルコは前世かなり悪どいことをしたんでしょうね。

ところで、キルコを漢字で書くとどんな風になるんでしょうか。

切子?

着流子? 

どう当てても不自然だし偽名なのかな。

スポンサーリンク

歩けないことへの驚きw

そんなキルコさん、疲れて歩けないだけで驚かれるまさかの展開。普段どれだけ強かなのか分かります。2人の年齢はそう離れていないようで、最大5歳くらいの差です。正確ではないのはキルコが適当だから。マルが年下でキルコが年上。そう考えるとマルにとってキルコはかなり年上に見えるでしょうね。思春期の時の5歳差は10歳以上に感じるものです。その上キルコはボディーガードで強い。そう考えると確かにキルコの疲れは驚くかもしれませんね。

てか、2人の会話を見るに出会ってそんなに時間は経ってないのかな。と言うのも、長く共にいれば互いに様々なことを知りますよね。けど、マルはキルコが疲れていることに驚いていたし、キルコが都会で育ったことを知った。後者に関しては災害後のジョークなのかもしれないけど、疲れに関しては最近出会ったとかでもないかぎりないんじゃないかと思いました。

スポンサーリンク

営業中の旅館

荒廃した世界。多くの人が餓死し、家に住んでいることはない。そんな世界だと当たり前のように略奪なんかが行われていると思います。実際以前2人は盗賊に襲われました。その時は何てことなかったけど、反抗する力がないと蹂躙されるだけです。

そのような時代に旅館を営業するって正気じゃないですよね。でも女将さんは何てことないように対応してたし、案外田舎は平和だったりするのかな。

盗賊に襲われた過去があると、こんな世界だから見知らぬ人と出会ったら警戒すると思うんですよね。だから怪物さえ何とかすれば人間の脅威はないとか。

うーん、でもそれはないと思うけど、旅館を営業していて女将さんが無事なのが不思議だ。

スポンサーリンク

インフレ

これだけ世界が終わっていると、生産も加工も物流もないわけですよ。細々とやっている人はいるんだろうけど、そこは善意であったり自分のためであったり。

と言うのも、これだけ荒れ果てるとインフレは避けられません。物の価値が上がり、お金の価値が下がるやつです。最近はあまりみないですけど、一時期ジンバブエドルがネタにされているところを見かけました。この荒れっぷりだと世界中のものだろうし、当然インフレは世界中で発生しています。

そんな世界で誰が商売をするんだって話ですよ。できることなら自分のために独占したほうが生きながらえることができます。まぁやりすぎると盗賊なんかに狙われてお陀仏ですが。

そんな中で旅館を営業しているの、やっぱり相当な変わり者です。そして、案の定料金は12万円と現代人的には超高額でした。けど、キルコが心配していたようにこれでも安いんですよね。どれだけインフレしてるんだって話ですけど、まぁ世界がこんな風になっちゃうとどうしようもないんでしょうね。

女将さんが単三電池をもらった際の反応を見るに、お金よりも物のほうが価値があるのは明らかです。電力を確保するのは難しいだろうし、電池は相当高価なんだろうなぁ…。

こういう世界を物語として見るのは好きですけど、自分は絶対に住みたくないですね。

スポンサーリンク

キルコは傷だらけ

キルコは鼻辺りに傷があります。これ傷ですよね? 

そんなこともあって、いくら強そうに見えても傷を負う時は負うんだなぁと思っていたところで今回ですよ。旅館といえば温泉。温泉といえば天国。こりゃ天国発見で終わりだとはならないんですけど。

くだらない話はおいといて、温泉に入る際に服を脱ぐわけで、その時にキルコの体全体があらわになりました。腕、肩、背中、尻とあちこち大きな傷がついています。見た感じちょっとした擦り傷とかではなく、ガッツリと抉れてますよね。怪我をするとは言っても、これはかなりの深傷だったはず。そんな傷を誰に負わされたのかな。怪物なのか、人間なのか。そこらへんは今のところ分かりませんが、普段おちゃらけていてもどれだけ危険な目にあっているのかが分かりました。

こんな世界でも元気に生きようとしてるってすげーよな。私なら絶対に耐えられません。平和な現代の日本に生きているのに、時々耐えがたい精神的苦痛に襲われるんですから、本当にすごいことです。

にしても、キルコは全裸の自分を鏡でみて何を思ったんだろうね。キスしようとしてたし。もう1つ、昔頭の手術をしたという話。気になります。SFとして考えると、定番なのは脳みそを弄られていてもおかしくありません。そのことと2人が探している天国との関連性がないとは言い切れないですよね。

スポンサーリンク

ちょっぴりショックなマル

女将さんの妙な勘違いによりおかしな雰囲気になってしまった。でもお姉ちゃん呼びしているとやっぱり兄弟だと思いますよね。けど、女将さんは何を思ったのか2人は近親相姦しているんじゃないかと心配していました。本当に何をみてそう思ったんだw

で、キルコは護衛対象以上の感情はないと否定。マルはそのことにショックを受けたようです。2人は仲良く見えましたし、マルも仲がいいと思っていたはず。そこに恋愛感情がなくても護衛対象以上の感情がないと言われると友情もないんだと思ってもおかしくありません。

恋愛感情があるともっとショックですよね。普段は布団を隣にして寝ても違和感を覚えないくらい近くに寝てたんだろうけど、マルはわざわざ布団を離して眠ってしまいました。キルコは察し悪いなぁw

スポンサーリンク

人食いヒルコ

でも、そんな割には起きたときはケロっとしていました。

まぁ人食いの怪物が現れたんだから当然といえば当然なんだろうけど、この2人だとこういう状況でも冗談を言いそうだったのでマルの反応は意外でした。

で、その怪物はと言うと2話の時に登場した怪物でした。流石に同一の個体ではないでしょうけどね。でも、そう考えると怪物ってこれしかいないのかな。それともこいつが定番の怪物で、他の怪物は珍しいみたいな。

何はともあれ本来なら銃すら効かない怪物ですが、キルコがもつレーザー銃「キル光線」なら倒せるみたいでラッキーでした。それにキルコの口ぶりだとマルにも何らかの戦闘能力があるようです。

そこらへんが次回の見どころですかね。楽しみだ。

タイトルとURLをコピーしました