葬送のフリーレン 7話 感想(ネタバレ注意)フリーレンさん、1000歳を超えていた

ファンタジー

アイゼン生きとるやんけ!

前に感想で魔王討伐のときから既に老けていたアイゼンは、30年前は生きているけどハイターと再会したときには死んでいるんじゃないかと書きました。

けど、普通に生きていました。姿は相変わらずの老けっぷり。前まではすごい老けている人間だなぁと思っていましたが、ドワーフだったんですね。エルフがいるんだから想像つきそうなものですが、貧相すぎる私の頭では無理でした。

ドワーフのイメージは炭鉱にいる厳ついオッサン。エルフよりかは短命だけど人間よりかは長寿。ということは、老けてはいるけど案外まだ長生きしたりするのかな。けど、なんとなくフェルンよりかは先にお迎えが来そうな気がします。

7話の超ザックリとしたあらすじ
  • 勇者ヒンメルの死から28年後
  • 2人はアイゼンのもとへとやってきた
  • ハイターの時と同様に手伝って欲しいことを聞く
  • 話を聞いた結果、フランメの手記を探すことに
  • 紆余曲折の末、手記を発見することに成功した
スポンサーリンク

天国と魂の証明

人種が違えば宗教観は異なる。国が違うだけで宗教観は変るんだから、人間とドワーフとエルフでは宗教観はまったく違うと思います。

人によってはそこで喧嘩になったり、場合によっては殺し合いということもありますが、勇者一行は互いを尊重できるからなのか言い合いにすらなりませんでした。

フリーレンに関してはそこまで興味がなかったのかもしれません。エルフは長寿だからこそ、あまり宗教を重視しない可能性があります。言ってしまえばエルフは神に近い存在です。場所によっては崇める人がいてもおかしくありません。

ちなみに私の考えはハイターと同じで、どちらでも良いです。ただ、天国があったら良いよなぁくらい。まぁ天国があっても私のような親不孝ものが天国に行けるとは微塵も思えませんが。

フリーレンがサクッと言いましたが、現在の魔法技術では魂の観測ができないから実在の証明ができないんだそうです。逆にいえば魔法が進歩すれば魂を観測し、天国の実在を証明できるかもしれません。本当にサクッと言いましたが、これとんでもないことですよね。魔法って突き詰めれば万能なのかなぁと思ったりしました。

スポンサーリンク

ドワーフのアイゼン

初めのほうでも言ったように、アイゼンが生きていたことに驚きました。でも、ヒンメルもハイターも看取ってアイゼンだけ看取らないというのは酷いですよね。そう考えると生きているのは当然かもしれません。

しかも、ドワーフです。そりゃ長生きしますわ。ただ、やっぱり見た目は老けています。数十年前も老けていましたが、今よりは若く見えました。

一方でフリーレンは全くと言って良いくらい変わっていません。人間よりは長寿とはいえ、やはりエルフは別格のようです。

そんなアイゼンですが、フランメの手記を探す途中で馬鹿デカい石を持ち上げていました。以前近接戦のためについてきて欲しいといったフリーレンに対し、衰えてそんな力はないと言っていました。それは事実なんでしょうけど、じゃあこんな物を持ち上げる人の全盛期はどんなものだったのかと考えると恐ろしさすらあります。

というか、衰えたとはいえこれだけの岩を持ち上げられるなら十分にやっていけるでしょw

スポンサーリンク

フェルンは怖い

フェルンはとても怒りっぽい。とは言え、理不尽に怒っているわけではありません。

前回フリーレンが1人でスイーツを食べようとしていると勘違いし怒っていました。けど、フェルンは我慢を続けているんだから怒って当然です。

蒼月草を探すために時間を使おうとした時。これに関してはエルフと人間の差としか言いようがないんですけど、人間のことを知りたいならフェルンの言葉は正しいのかもしれません。

今回も蒼月草のときの同じように時間に関することでした。しかし、フリーレンは学ぶことができるエルフです。まさかの効率化! 

いやまぁ前回があったんだから当然なのかもしれませんが、それでもフェルンのことを考えて早く終わらせようとしたのは驚きです。

フェルンが怖いのはフリーレンも同じだったんですね。

スポンサーリンク

大魔法使いフランメ

前回、漂着物撤去の依頼の報酬がフランメの魔導書でした。しかし、フランメの魔導書に本物はないとフリーレンは断言し不思議に思ったものです。

フランメという人物はおとぎ話で実在しないんじゃないかと予想しましたが、まさかのフリーレンの師匠だったとは! 

けど、個人的にもっとも驚いたのがフリーレンの年齢です。1話の感想では、フリーレンは100歳、場合によっては100歳を超えていると予想しました。

まさかの10倍、1000歳を超えているというのは驚愕の事実です。しかも、1000歳を超えていてこの見た目。まだまだ幼さがあり人間的には15歳、いっても20歳くらいだと思います。つまり、エルフは5000年は生きていてもおかしくありません。

そりゃ50年も80年も大した時間ではないですよね。こうも長く生きていると、人間の時間の感覚に付き合うのはとても難しいと思います。

けど、ヒンメルの後悔があり学ぶ決意をしたフリーレンは立派、というとおかしいかもしれませんが凄いことだと思います。

スポンサーリンク

エルフとは

フランメはフリーレンの師匠なんだからエルフなのかなぁと思いきや人間でした。

今のところエルフはフリーレンしか登場していません。ほかの人々の反応を見るにエルフはそこまで珍しくないのかもしれませんが、ここまで他のエルフを見ないとなると何だか不気味です。

本当にフリーレン以外のエルフはいるんでしょうか。今のところ物語的に他のエルフは不要だから登場しないだけなのかな。

ところで、魂の眠る地の場所に魔王城があると判明したわけですが、これ偶然というわけじゃないですよね…。魔王はなにを思ってそこに城を建てたんだろう。

タイトルとURLをコピーしました