葬送のフリーレン 2話 感想(ネタバレ注意)フェルンとの出会いと僧侶ハイターの死

ファンタジー

時間の進みが早かった前回から、さらに時間を進めて20年後。いや、いきなり20年後かよって感じですが、エルフを題材にしてあるだけありますね。このままだと3話か4話には勇者一行はフリーレンだけになりそうです。

今回は僧侶のハイターとの再会と、彼が保護したフェルンという女の子との出会いを描いていました。そして、ハイターとの別れ。

1話がヒンメル、2話がハイターとなると、3話も誰かとの別れになるんでしょうか。時の流れには逆らえないとはいえ悲しいものです。

2話の大まかなあらすじ
  • 勇者ヒンメルの死から20年後
  • 借りを返しにハイターのもとへとやってきたフリーレン
  • ハイターがフェルンの師事を頼むも断る
  • 別の頼みとして魔導書の解読をやることにした
  • その合間にフェルンに魔法を教えることにした
  • それから4年が経ち、ハイターが倒れた
  • ハイターとの別れの時が訪れた

スポンサーリンク

あれから20年後、ハイターは何歳?

魔王討伐から50年後、ヒンメルが亡くなりました。あまり考えていなかったんですけど、このときヒンメルやハイターは何歳だったんでしょうか。

ヒンメルの眼力は鋭いものがありました。一方で見た目はずいぶん老けており、70歳から80歳くらいなのかなぁと何となく思ったものです。

魔王討伐まで10年はかかっています。まさか10歳で旅に出たとは思えません。ということは15歳から20歳くらいになります。それから10年ということは30歳前後だったはず。そして、50年後は80歳前後。だから、ヒンメルが亡くなるのは分かります。

では、ハイターはどうでしょう。50年前からヒンメルよりも年上に見えました。ということは90歳以上。そう考えるとハイターはかなり長生きしたことになります。

フリーレンとの再会から4年以上は経ってましたし、亡くなる前は100歳前後。現代の地球みたいな世界であれば100歳はそこまで珍しくないのでしょうが、この世界だと100歳は長生きどころじゃないような気がします。大往生ですね。

この世界の人間の平均寿命はどれくらいなんだろう

スポンサーリンク

フェルンという女の子

こういう世界で戦災孤児って何となく苦労するイメージがあります。戦災孤児ってだけで苦労するのは間違いないんですけど。なんだろう。魔法やエルフがいて、魔王なんかがいる世界だから普通以上に苦労するんだろうなぁって。

けど、幸いにもフェルンには魔法の素質があり、努力することができた。その努力は常軌を逸していて、フリーレンとしては褒められたものじゃないらしい。体を鍛えるからといって酷使するのは良くないのと同じですね。必要以上の努力は身を滅ぼします。

しかし、フェルンはそれ以上の才能があったんだと思います。努力に努力を重ね、フェルンは無事ハイターが課した巨石を破壊することに成功しました。

戦災孤児だったフェルンを保護したのがハイター。そんなフェルンは親を亡くし、絶望のあまり自殺しようとしたけど、ハイターの説得もあり思いとどまる。

フェルン、好きだなぁ。まずビジュアルが良いです。幼いころも良かったけど、成長したフェルンはもっと良いですよね。行き過ぎた丁寧な口調も合わさって最高です。

スポンサーリンク

魔法の修行

魔法と聞いて、どのようなものを想像しますか?

今までどのような作品を見てきたかで、ここらへんは別れそうな気がします。

例えば穏やかな物語だと、攻撃的な魔法ではなく花を咲かせたり怪我を治したり、そういうものを想像すると思います。

しかし、バトルものなどを見ていると殺傷能力が高い攻撃的な魔法を想像すると思います。私はどちらかというと前者の魔法を想像していました。

何でかなぁと考えたんですけど、フェルンの容姿がそう思わせたのかもしれません。けど実際は殺傷能力が高い魔法でした。しかも、火球を飛ばすとかではなく、レーザーのようなもの。

こういう描写は大好きです。とくに引きの絵は最高でした。魔力が足りなくて飛散していくシーンです。これを幼い女の子が放っていると考えると、なんか良いですよね。

スポンサーリンク

時の流れ

葬送のフリーレンの良いところは幾つかあるんですけど、個人的に一番気に入っているのは画力が高いことです。そして、その高い画力で描かれた時の流れは胸を打つものがあります。

解読するフリーレン。

雪だるまを作る2人。

暖をとる2人。

そうして少しずつ幼かったフェルンが大人びていきます。フリーレンは変らない。だからこそ、ハイターの老いが目につきました。これらのシーンがたまらないわけです。完全に個人的な好みなのですが、こういうの見ると何故か目頭が熱くなります。

スポンサーリンク

ハイターとフェルン

フェルンは努力の鬼でした。けど、それは単にフェルンが魔法を使いたかったからではありません。フェルンは自分を助けてくれたハイターに恩返しがしたかったのです。そして、一番の恩返しが自分一人でも生きていることを証明することでした。

それが魔法。

フェルンは戦災孤児です。親を暴力で失いました。だからこそ、暴力から身を守れる魔法だったんでしょうね。確かにハイターに対する恩返しとしては適切かもしれません。

一方でハイターは魔法だけでは生きていけないことを知っています。人間の世界で生きていくには様々なことが求められます。そこにフェルンを放り出すのは酷でしょう。

だからこそ、フリーレンと共にいてほしかった。血は繋がっていないけど、互いを思いやり何とかしようとする2人は間違いなく親子ですね。

タイトルとURLをコピーしました