葬送のフリーレン 1話 感想(ネタバレ注意)魔王を倒した勇者一行のその後

ファンタジー

魔王を倒した勇者たちのその後。そして、葬送のフリーレンというタイトルから悲しい物語であることは予想できていました。とは言えまだ1話。まずは魔王を倒した勇者たちの姿を描き、少しずつ時間を早めていくのだと思っていたら、まさかの1話で50年が過ぎるとは…。

私としては、彼らのことはまったく知らないわけですが、仲間が老いていき死ぬ。自分だけが変わらないという現実が悲しいことだということは安易に想像できます。だからなのか、1話にも関わらず泣きたくなるようなお話になっていました。

葬送のフリーレンを調べた感じ、まだそこまでの知名度はないように見えました。しかし、この1話のクオリティーからしていずれアニメ化するような気がします。まだ読んでいない方、漫画を買おうか悩んでいる方はぜひ1巻を手に取ってみてください。

大まかな流れ
  • 魔王を倒した勇者一行
  • 戦勝パーティーと共に旅立つ10年前を振り返る
  • 半世紀に一度の流星群をみてフリーレンは新たな旅に出た
  • 50年後フリーレンは暗黒竜の角を求め、勇者ヒンメルのもとへと向かった
  • みんなと再会したフリーレンは再び半世紀流星をみた
  • そして、勇者ヒンメルは亡くなった
スポンサーリンク

その後を描く斬新さ

魔王を倒す話はありがちです。とくに小説家になろうの作品が数多く出版されるようになってからは更に増えました。では、魔王を倒した後を描いた物語はどうでしょう。

実はこれもそこまで珍しくありません。小説家になろうでは、流行を真似して書く人と同じくらい流行に反する物語を書く人がいます。そのため魔王を倒した後、本来なら物語が終わっているような話を何度か読んだことがあります。

なら、葬送のフリーレンは珍しくない題材なのかというとそうでもないんですよね。確かに魔王を倒した後の話はあります。しかし、それは魔王を倒した直後の話であって、それから数十年後、数百年後の物語は珍しいです。

まぁ数百年後の話もあるんですけどね。

けど、仲間の死を描くのは珍しいなぁと思いました。

小説家になろうでは、強大な力をもった主人公が未来の世界で無双する、といったような物語をよく目にします。

スポンサーリンク

フリーレンは何歳?

謎だなーと思ったのが、フリーレンの年齢です。エルフが長寿なのはお馴染みですが、作品によってエルフの寿命は異なります。

200年くらい生きる、500年くらい生きる、1000年くらい、あるいは殺されないかぎり寿命で死ぬことはない不老というものもあります。

葬送のフリーレンのエルフはどれくらい生きるんでしょうか。

フリーレンの年齢に関しては100歳は超えているんじゃないかと予想しています。根拠はフリーレンの「短い間だったけどね」という言葉です。

てっきり魔王を倒すまで長くても5年くらいだと思っていました。そのため、ヒンメルの10年という言葉には驚きました。それと同時に10年を短い間だったと言い切れるフリーレンは、間違いなく10年が短く感じるくらい長く生きているはずです。

短くても50年、長くても100年なんじゃないかと思います。

場合によっては100年も超えそうです。

これもまたちょっと思うところがあって、フリーレンはヒンメルの死を後悔していました。なぜ50年も会わずにいたんだと。それくらい長く生きているからこその鈍感さなんじゃないかと思うんですけど、こうなってくると100歳どころじゃないですよね。

じゃあ何歳なんだって話になるんですけど、そこらへんは今のところサッパリなので100歳と予想しておきます。

スポンサーリンク

軍隊で魔王を倒さない不思議

ちょっと話が変わるんですけど、魔王討伐ものにありがちな不思議があって、どうして軍隊をもって魔王を倒さないのでしょうか。

もちろん、作品によって理由付けされています。通常の物理攻撃が魔王に通じない。勇者とその一行しか使えない道具でしか倒せない。

けど、直接倒せなくても軍隊にもやれることはあると思うんですよね。魔王の配下を排除したり、魔物を駆除したり、作戦を考えたり。

だから、旅なんてする必要がないと思うんですけど、葬送のフリーレンでは10年も旅をし続けていました。それは何故なのか。かなりの謎なんじゃないかと思います。

けど、作風を考えるとそこらへんの答えは出ないような気がします。あくまでも人間とエルフの差や、そこで生まれるドラマを描いていると思うので。でも知りたいなぁ。

魔法があるならそういう兵器もあるだろうし、魔王討伐のために少数精鋭に戦わせる必要ってあるのかな。

スポンサーリンク

年老いても変わらない

流石勇者。50年経ってずいぶん年老いたとはいえ、凛々しい目つきをしていました。それ以外の仲間も年老いたとはいえ、そこまで見た目に変化はないように見えました。

けど、見た目が変わらなくても人間。体を病むでしょうし、そうでなくても寿命が尽きてしまいます。そう考えるとやっぱりエルフと人間の差は残酷ですね。

想像するだけで悲しくなってしまいます。

ところで、ヒンメルには子供はいないんでしょうか。50年前、フリーレンと別れた彼らはどのような道を歩んだのか気になります。他の人は結婚したのか、したのなら子供はいるのか。そもそも仕事は何をしていたのか。

全てが謎ばかり。続きが楽しみです。

スポンサーリンク

人間を知る

ヒンメルの死により、あまり人間を知らないことに気づいたフリーレン。そのため彼女は再び旅に出るけど、今度は魔法収集だけでなく人間も知ろうと決意しました。

けど、人間を知るって何だろうと思ってしまいます。

確かに人間とエルフに差はあるけど、それはそんなに違うものなんでしょうか。この世界の人間はもちろんのこと、エルフの生態についてもサッパリなので違いがよく分かりません。そこも今後が楽しみな要素です。

タイトルとURLをコピーしました