シャングリラ・フロンティア 28話 感想(ネタバレ)ナニコレしらない!

SF

ドラゴンフライが放ったのは二重の飛拳衝。

飛拳衝は威力は大きいものの攻撃後に硬直してしまうというデメリットがあった。だったら、二重の飛拳衝を食らわせれば良いんじゃね?と考えての攻撃だったのかは分かりませんが、実際に二重の飛拳衝が放たれサンラクはラウンドを落とすことになりました。

読んでいたときは「はえ~」くらいの認識だったんですけど、これよくよく考えるとめちゃくちゃ凄いことですよね。バグを利用したからとかではなく、まだ便秘を始めたばかりのプレイヤーが未知のバグ技を放ったという点です。

便秘はまごうことなきクソゲーですが、数多のバグ技を利用できるということもありその手のプレイヤーからは人気があります。つまり徹底的にバグの発見・検証が行われているわけです。普通に考えればもうバグ技は見つからないはずなんですけど、ドラゴンフライは新技を発見しサンラクに勝利しました。こうして改めて文字にするとその凄さが分かります。

28話の大まかなあらすじ
  • ドラゴンフライと戦ったサンラクは全勝した
  • ラスト一試合を頼まれたサンラクはいつもどおりに戦うもドラゴンフライの未知のバグにより負けてしまう
  • はじめてのバグにテンションが上がったサンラクはドラゴンフライと戦い続けるのであった
スポンサーリンク

便秘をはじめて登場するゲームだと思っていた

タイトル通りなんですけど、私は便秘ことベルセルクオンラインパッションをはじめて登場したゲームだと思っていました。そのせいで前回の感想には便秘がどういうゲームなのか書いたんですけど、事実を知ったうえで改めて前回の感想を読むと超恥ずかしいですw 

便秘がはじめて登場したのは5話でした。カシラやラビッツについて調べていたサンラクは、カッツォの呼び出しに応えたというのが事のあらましです。

ちなみに、このときがカッツォの初登場でもあるんですよね。今回の感想を書くにあたり5話を読み返していたんですけど、何とも言えない懐かしさがありました。

まだそんなに時間は経っていないんですけどね。

スポンサーリンク

派手なカッツォ

今回はCカラーということでカッツォのカラー絵が載っていました。カッツォがカラーになるのは恐らく今回が初めてのはずです。少なくともこのアバターでは初めてでしょうね。

んで、思ったことが一つあって、めっちゃ派手じゃないですか? 

ゲームで女の子のアバターというのは珍しくありません。多くの人がなんで男の姿を見なくちゃいけないんだと女アバターにします。私もそうです。だから、可愛いアバターは気にならないんですけど、色が凄いなぁと思ってしまいました。

髪の毛は金ではないけどそれに近い色。そして目が金。体のあちこちに赤を纏っている。すげー派手。でも、こんな派手さでもそこまでゲーム内だと目立たないんですよね。だから個人的に気になるってだけの話なんですけど。

ちなみに好みかどうかで言えばめっちゃ好みです。単純に可愛いよね。中身は男だけど。

スポンサーリンク

初心者を鍛えるよ!

どうしてサンラクが便秘をプレイしているかというとウェザエモンの攻撃に反応するためです。ようは反射神経を鍛えるためにやってきたはずなんですけど、サンラク自身が言っているように何故か初心者を鍛えることになっていました。

もちろんサンラクが鍛えようと思ってやっているわけではありません。しかし便秘初心者にしては呑み込みが早いのでサンラクとしては楽しいんでしょうね。だからついつい便秘について教えてしまう。

その気持ちすごく分かります。これは別にゲームに限った話ではありません。私は単純なので後輩というものにはやたらと優しいんですよね。しかも飲み込みが早いとなおよし。自分の考えや教えが間違っていなかったということで承認欲求が満たされるんでしょうね。

まぁそれは昔のことで今はただの引きこもりなんですけどw

スポンサーリンク

二重の飛拳衝は意図的にやったの?

二重の飛拳衝という未知のバグ技が飛び出したわけですが、果たしてドラゴンフライはこれを意図的にやったんでしょうか。というのも、今回の攻撃によりサンラクは敗れました。

もちろん、二重の飛拳衝がどういうものか知りたいという欲求からわざと当たっただけで本当の意味で負けたわけではありません。しかしサンラクの思考から察するにわざと当たらなくても避けられた可能性は低いように思いました。

ということは、どっちにしろ勝てていたかもしれないという訳です。そんなバグ技が使えるならどうして今まで使用せずにいたんでしょうか。何度も戦って全敗しているんだから負ける可能性を考えて二重の飛拳衝を使わなかったという説はないと思うんですよね。

なら、偶然のバグだったのかと言うとそれも違うように見えました。ドラゴンフライの「どうせ逃げられないなら」という言葉から察するにやっぱり意図的な攻撃だったんでしょうか。そうなるとドラゴンフライは初心者だし、この攻撃が通じるとは思っていなかったとか?

スポンサーリンク

ドラゴンフライがシャンフロをやっている可能性

前回はてっきりドラゴンフライのことをモブだと思っていました。しかし、今回のラストに「クソゲーが生んだ新たな出会い」と書かれていました。ということは、今後もドラゴンフライが何かしら関わってくるんじゃないかと思うんですよね。

そこで気になるのがシャンフロをやっているのかということです。まぁシャンフロの人気を考えると、むしろやっていないほうがおかしいんじゃないの?といった感じですが、サンラクというクソゲー大好きマンという前例があるだけに何とも言えません。

いずれにしろウェザエモンとの戦いには関わってこないだろうし、再登場するとすればウェザエモン以降でしょうね。もし再登場するならその時は何時なのか。今後が楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました