シャングリラ・フロンティア 22話 感想(ネタバレ注意)ラビッツのイベント多すぎ問題

SF

ラビッツでのイベント多いよなぁと思ったものの、今のところサンラクが受領したのは恐らく2つだけだったはず。ひとつ目はリュカオーンと遭遇した後にエムルと出会ったとき。

結局そのイベントを終わらせたのは随分先だったけど、あの時のモンスターとの戦いがサンラクの経験値になったはず。なんか微々たるものだったような気がするけどw 

んで、今回のイベントはサンラクにとって大きなメリットになるものでした。誰かと戦うわけではなく、カシラに武器を鍛えてもらうというものです。

しかも、話を聞けばカシラは元々鍛冶師でとんでもないやり手だったと言うじゃないですか。マジでサンラクにプラスしかありません。だからこそ、不穏だったりするんですよね。まぁユニークモンスターである以上不穏もクソもないんですけど。

そんなことをつらつらと考えていて思ったんですけど、今回も前回もきっかけはユニークモンスターなんですよね。前回はリュカオーン、今回はウェザエモン。リュカオーンとカシラには何らかの因縁がある様でしたが、ウェザエモンに関してはかなり親しいようでした。

そんなわけで前回と今回だけという可能性もありますが、場合によっては全てのユニークモンスターに関わるイベントがラビッツではあるんじゃないかと思いました。それはやりすぎですかね?

22話の大まかなあらすじ
  • 2週間後にウェザエモンと戦うと決めたサンラクはカシラに呼び出されることになった
  • サンラクがカシラに覚悟を示すと、カシラも力を貸してやると言った
  • 付いていった先には鍛冶場があり、そこでカシラがサンラクの武器を鍛え出した
  • そこでサンラクはカシラが神匠と呼ばれる伝説的な鍛冶師であることを知るのであった
スポンサーリンク

サンラクだけしか知らないイベント?

イベントの内容としては、ウェザエモンに挑戦する者の武器をラビッツの国王が鍛えてくれるというものです。それだけなら割とありそうなイベントですが、そもそもラビッツのカシラという存在が非常に珍しいものなんですよね。というか、5話のwiki情報を見るにカシラについては知られてないのかも。そう考えると今回のイベントもサンラクだけしか知らないものなのかもしれません。

とは言え、5話だけの情報で判断するのは早計なんじゃ…。とは思ったんですけど、今回のイベントを見れば分かるようにエムルやその兄妹も登場しています。てことは、すでに今回のイベントを経験したことがある人がいるならエムルのこともバレてると思うんですよね。

そうなると以前PKたちに追われるようなことにはならなかったはずです。しかしそうではなかった。ということは、おそらく今回のイベントはサンラクが初めてのはずです。まぁ結局推測でしかないんですけどね。

とは言え、イベントの条件を考えるとエムルがきっかけのような気がするので、そんなに間違ってはいないと思います。ウェザエモンだけが条件ならペンシルゴンもエムルのことを知っているはずだしね。

スポンサーリンク

ウェザエモンの謎

ユニークモンスター「ウェザエモン」とカシラは一体どんな関係なんでしょうか。とは言え、この件に関してはなんの情報もないためこれ以上は触れません。

カシラの話していることで、一つだけ気になることがありました。下手くそな嘘のせいで女房を失った。これだけならウェザエモンが嘘をついて女房が出ていったと読み取れるんですけど、ウェザエモンが死にぞこないということと、そもそもどうしてユニークモンスターなんてものになったのかということを考えると一つだけ見えてくるものがあります。

ウェザエモンの嘘がきっかけで女房が死んだ。その墓守をしているのがウェザエモンなんじゃないかって。めちゃくちゃ安直だとは思うんですけど、墓守のウェザエモンなんて呼ばれてるくらいだしあり得ると思うんですよね。

もしこれが間違っていないのなら、ウェザエモンと戦うことで「どうしてウェザエモンの女房は死んだのか」「どうしてウェザエモンは墓守になったのか」などが明らかになるのかもしれません。そう考えるとめちゃくちゃ楽しみですけど、まったくの見当違いだったらどうしようw

スポンサーリンク

サンラクの口がよー回る

カシラを説得するために、サンラクは覚悟を語りました。その語り口たるや、詐欺師のようでした。内容もそうなんですけど、それ以上に口調が凄いですよね。

確かにそんな口調のほうが良いのかなぁと思うんですけど、実際に話してみると全然違ったものになります。なのに、サンラクはスラスラと言ってるし、もしかして練習でもしたんですかね?w 

とはいえ、鮮やかな語り口だからといって全てが出任せかというとそんなことないと思っています。サンラクは負けないつもりだし、ペンシルゴンに応えるのは仁義だと思っている。

仁義に関しては半信半疑ですけどね。でも、負けないという一点についてはガチでしょう。だから詐欺師ではないんですけど、やっぱりああもスラスラ言えると何だこいつ!?とは思ってしまいますw

スポンサーリンク

カシラの鍛冶がカッコよすぎる!

鍛冶の動画をたまに見るんですけど、すごく良いんですよね。ただ派手さはないため、人によっては飽きるかもしれません。しかしカシラの鍛冶は派手なものでした。

一振りするごとに魔法陣が浮かび、武器へと吸い込まれていく。神匠というのはそういう意味ではないんでしょうけど、幻想的というか神々しさのようなものがありました。こういうのがゲームならではの表現ですよね。最高です。

そして、カシラの鍛冶の果てには何が生まれるんでしょうか。武器の形を変えるということは、予想できないようなものになるかもしれないということですよね。まぁ今のところサンラクは主に双剣を使っているので、そこまで大きな変化にはならなそうですけど。楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました