シャングリラ・フロンティア 2話 感想(ネタバレ注意)ユニークモンスター現る

SF

戦闘描写上手いなぁ。複数人推奨のエリアボスを1人で倒すの凄いなぁ。何てことをボンヤリ思いながら読んでたんですけど、実際推奨人数3人のレベル10のエリアボスをゲームを始めたばかりの人が倒すって相当じゃないですか。

ソロプレイなら分かるんですけど、推奨人数が3人ってことは相当強いはずで、初心者1人にはムリゲーに近いと思うんですよね。それをギリギリとはいえクリアしてしまうサンラクは、すでにかなりの戦闘技術を持っているんだなぁと思いました。

そうでもないとクソゲーをクリアするのは無理ってことなのかな?w

2話の大まかなあらすじ
  • エリアボスを倒す
  • 街へと向かいリスポーンポイントを変更する
  • 装備を整える
  • 武器を作るために採掘をする
  • ユニークモンスターに遭遇する
スポンサーリンク

迫力ある戦闘描写

何となくコミカライズは下手な人がやるイメージがありました。

実際のところそうでもないんですけど、一昔前がそうだったからそういうイメージを持ち続けているのかなぁと。とは言え、上手い人がコミカライズをやることは増えたとはいえ、全てがそうというわけではありません。

単純に絵が下手な人、構図が下手な人、一枚絵だけ上手い人。色々といますが戦闘描写が上手い人は貴重なイメージがあります。

そこは流石マガジンというべきでしょうか。シャンフロは迫力がありつつ、見やすい戦闘を描いていて、かなりの没入感がありました。しかも一枚絵もめちゃくちゃ上手いので、決めるところは決めていてカッコいいのが最高です。

スポンサーリンク

状態:毒

シャンフロでは、毒は10秒ごとに1ダメージ食らいます。これが回復のアイテムやスキルがあるときなら問題なかったんですけど、サンラクは街へ向かうことなくぶっ続けでモンスター狩りを行っていました。そんなときに毒を食らうと致命的です。しかも現状デスペナルティが分かっていないときた。

そもそもデスペナ関係なく、あまり死にたいものではありません。だったら、逃げるというのが最善なんですけどサンラクは戦うという選択を行いました。

エリアボス相手によくやるよと言った感じなんですが、それで本当に倒してしまうところが凄い。しかも、そのあと走って街へと戻ったんだから更に凄いw 

街へと戻るときのHPが9だったことを考えると、ざっくり90秒で街まで戻ったことになります。片思いの女の子に振り向いてもらいたくて一緒にゲームをしているレイジ曰く「俊敏重視の防具売りスタート」とのことで、サンラクみたいな人は割といるみたいです。

でも、最後の玲ちゃんらしき甲冑の人がいうには街に向かわず単独で蛇を倒す人はいないようです。そもそもそういう発想にはならないだろうってことなのか、実力的に難しいのかは分からないですけど、どっちにしろサンラクは特殊なようです。

まぁクソゲーを愛している時点で特殊なのは分かり切っていたことですがw

スポンサーリンク

下の名前を呼ばせる方法

シャンフロ2話でもっとも感心したのがこれでした。片思い中の女の子に下の名前を呼ばせるというもの。やり方は簡単。プレイヤーネームをリアルの名前にするだけ。

例えば、田中太郎なら太郎。鈴木一郎なら一郎、みたいな。作中では山本レイジという人物が、レイジと名付けて呼ばせることに成功していました。

これVRならではですよね。例えばテキストチャットだと味気ないような気がします。あまり接点がないけど片思い中の子だと嬉しいんでしょうけど、自ら誘って一緒に遊んでいるということはそれなりに親しいということです。そう考えるとその子にテキストチャットで下の名前を呼ばれても微妙ですよね。

ボイスチャットだと、そもそも本名で呼ばないというルールを設ける必要がありません。2人以外誰も聞いていないんですから。けどVRだと周りの人にも聞こえるボイスチャットです。プレイヤーネームで呼ばざるを得ません。

フルダイブ型のVRが当たり前の世界になると、本当にこういう下の名前を呼ばせるテクニックみたいなものが生まれそうで面白かったです。

でも正直、山本くんは様々な手段を用いてゲームに誘ったみたいだし、それだけの行動力があればシャンフロがあろうがなかろうが関係なく仲を深めることができたと思います。つまり、我々のような行動力皆無な人間には縁のない話だったわけです。

悲しいね。

スポンサーリンク

ハシビロコウの頭やっぱりシュール

レイジたちがいた横を突っ切るときの見た目や、街の中にいるときの見た目を思うと、やっぱりハシビロコウの仮面はシュールですよね。とくにレイジたちの横を突っ切るシーンはやたらと気合が入った絵だったので面白すぎました。

さらに言うと、街中にいるときは半裸なわけです。そのうえにこの仮面だと完全に変態の風貌です。実際街中のプレイヤーには笑われていました。だから、服を変えると聞いたときにはやっと仮面ともおさらばかぁと思ってたのに…。

結局ハシビロコウの仮面のまんまw 

たったの2話とはいえ、すっかり半裸のハシビロコウに慣れていたので、服を着たハシビロコウは変態性が増しているように見えました。なんか凄い違和感があります。

スポンサーリンク

鉱物採掘

これはたまらん! 

なにが良いってリアルな世界で鉱物を発掘できるんですよ。私こういうシミュレーション系のゲームが大好きでよくやっているんですけど、そういったものがリアルになるとマジで一生やり続けるような気がします。

シャンフロの場合は武器や防具を作るための手段とはいえ、これだけリアルだと採掘だけを永遠にやり続けるプレイヤーいるんじゃないですか? 

物資をプレイヤー同士で売買できるかは今のところ分かっていませんが、もし出来るなら本当にそういうプレイヤーがいそうでワクワクします。

ちなみに、サンラクは目的の鉱石を掘るのに30分かけてたったの2個でした。こういう人たちに格安で鉱石を売りたいよ。

スポンサーリンク

ユニークモンスターかっこ良すぎ

サンラクはゲーマーらしく、危険な夜に街を離れてモンスターと戦っていました。そんなときに現れたのがリュカオーンという狼のユニークモンスターです。

もうね、見た目が強すぎます。大きな狼で、炎っぽいものを吐いてる。こんなん絶対に強いでしょ。しかも、ユニークモンスターはサービス開始して1年も経っているのに1体も倒されていません。流石にサンラクにも倒せないと思います。

けど実際のところどうなるんだろ。普通にユニークモンスターに負けるのか。それとも割と善戦するのか。それ以外のイベントがあるのか。実力的には普通に倒されそうな気がします。けど、サンラクは主人公だし何かやるんじゃないかと期待していです。

タイトルとURLをコピーしました