シャングリラ・フロンティア 18話 感想(ネタバレ注意)エリアボスが怖いw

SF

木の隙間から巨大なピエロの顔が現れた! 

いやめちゃくちゃこえーよ。ここだけホラーゲームじゃん。

私ホラー映画やドラマはそれなりに好きなんですけど、ホラーゲームだけは無理なんですよね。自分で操作するからドラマや映画以上に没入感があって怖いからなんだと思います。だから、こんな感じのエリアボスに遭遇したら取り合えずログアウトしそうです。

とは言え、このエリアボスはピエロというわけではありません。おそらく巨大蜘蛛がエリアボスのはずです。ピエロの顔は糸で作ったものなんでしょうね。どうしてそんなものを作ったのかは分かりませんが、威嚇のためなのかな? 流石エリアボスというだけあって対人戦に特化してそうですね。

にしても、これまたサンラクの天敵のようなエリアボスのような気がします。

前回のエリアボスは沼地に生息していた泥掘りでした。サンラクは俊敏性を生かした戦いをするんですけど、沼地ではその俊敏性を活かすことができませんでした。

今回のエリアボスは蜘蛛のため、粘着性の高い糸を出します。どうして蜘蛛が糸を出すのかと言えば捕食をするためです。まぁサンラクなら糸の間を縫って戦うこともできるとは思うんですけど、それをやるとどの道難易度が高くなるわけで厳しい戦いになりそうです。

エムルが炎系の魔法を使えるなら簡単に突破できそうなんですけど、どうなんでしょうね。

18話の大まかなあらすじ
  • サイガ-0からフレンド申請がくる
  • サンラクは色々なことを疑りながらも申請を受け入れた
  • 一方のサイガ-0である玲ちゃんは大喜びであった
  • そしてサンラクは千紫万紅の樹海窟へとやってきた
スポンサーリンク

サンラクの疑い

サンラクはエムルの情報を求めている高レベルのプレイヤーに狙われています。サイガ-0はそんなサンラクを助けてくれた人物ですが、あの場にいたということはエムルの情報を求めているということです。他の人たちとはやり方が違うだけで根本は同じ。できるだけ情報の独占をしたいサンラクとしては助けてくれた人物であっても警戒に値します。

それは分かるんだけど流石に警戒し過ぎじゃね?w 

サイガ-0の実力を考えれば、物理的に行動してもおかしくありません。それこそ拘束するとか。サンラクはレベル以上の実力ですし素晴らしい俊敏性を有していますが、サイガ-0が別格であることを考えるとそれくらいの事はできてもおかしくありません。

なのに、わざわざフレンド申請してくるということはそういうことですよね。仲良くなりたいというわけではないにしても、サンラク個人に興味を持ってくれている。

冷静に考えればそういう結論に落ち着くと思うんです。けど、この感じからしてサンラクは本当に警戒していて頭が固くなってますよね。まぁそれでもフレンド申請を受け入れるあたり対応能力に自信があるんだと思います。にしても、サンラクとサイガ-0のギャップがすげえよw

スポンサーリンク

玲ちゃん大喜び

あれこれ疑っているサンラクに対し、サイガ-0こと玲ちゃんはとても純粋な気持ちでフレンド申請をしていました。好きなサンラクと友達になりたい。本当にただそれだけなのが非常に面白いですよね。

しかも、サンラクがフレンド申請を受け入れた際の反応が最高です。別に付き合うわけでも、そもそも玲ちゃんと認識されているわけでもありません。ただゲーム内でフレンドになっただけ。それだけなのに天にも昇るような表情をしていて笑ってしまいます。

いかついサイガ-0と可愛い玲ちゃんの対比が良いですよね。

スポンサーリンク

まさかの当てずっぽう

サンラクの前に現れたときは、サイガ-0の索敵スキルや情報網によるものだと思っていました。だって、サイガ-0といえば多くの人に恐れられている高レベルのプレイヤーですよ。何かしらカラクリがあると思っていたら、まさかただの勘だったとは予想外でした。サイガ-0の実力は確かなんでしょうけど、中身は玲ちゃんだから割と間抜けなのかなw 

それにしても今回の出来事は玲ちゃんにとって幸運でした。

ただ、幸運だからこそ気をつけたいのが今後の展開ですよね。この手のお約束としては、ここで運を使い果たしてしまったパターンがあります。

この後はなかなかサンラクと対面することができず、気づけばサンラクの周りには知らない女の子がいて!みたいな。最初に登場するヒロインはそういうことになりがちですから、玲ちゃんとしては精力的にサンラクをストーキングしてもらいたいですね。

スポンサーリンク

千紫万紅の樹海窟

神代の鐵遺跡のほうが個人的には好みだし、そっちに行ってくれると良いなぁみたいなことを前回の感想に書いたんですけど、結局サンラクは予定通り千紫万紅の樹海窟にやってきました。

千紫万紅の樹海窟は名前からして普通過ぎだし微妙じゃないかと思ってたんですけど、いやーこれは圧巻ですね。ザ・ファンタジーといった感じで、こういうところに行ってみたいと思わされました。

確かにそういう意味では普通なんですけど、作画が良すぎてそんなことは気になりませんでした。1話からそうだったんですけど、シャンフロって本当に作画に恵まれていますよね。私もよくコミカライズを読むんですけど、どれだけガッカリしたことか…。

スポンサーリンク

3人組

最後にソーマ、リーナ、カッホという3人組が登場しました。

初見のときは良くあるボスの実力を知らしめるためのモブだと思っていました。でも、3人組はエリアボスに遭遇しただけで戦っていません。ここでサクッと倒されていればモブだと確信できたんですけど、わざわざ次回に持ち越しということはメインキャラクターだったりするんでしょうか。

メタい話なので単純に深読みしているだけの可能性もありますが、そろそろメインに近いキャラクターが登場してもおかしくないですよね。新章に入ったわけだし。

にしても最後の3人の顔面白すぎでしょ。気持ちは分かるけど、唐突な劇画風は笑ってしまいますw

タイトルとURLをコピーしました