シャングリラ・フロンティア 1話 感想(ネタバレ注意)クソゲーを愛する男が神ゲーをプレイしたら

SF

シャングリラ・フロンティア。略してシャンフロという漫画は、小説家になろうで連載している作品を原作としています。面白いのが、通常小説になってからコミカライズとなるところを、いきなり漫画として、しかもマガジン本誌に登場させたことです。

書籍化をすっ飛ばして漫画の原作として始めるだけでも珍しいのに、シャンフロはいきなりマガジン本誌なんだから凄いとしか言いようがありません。でも、色々な場所で反応を見ると相当濃いファンがいるようで、この判断は正しいのかもしれません。

私はシャンフロの名前は知っているけど、いつか読もうと思って現在に至った未読者です。そんなときにシャンフロのマガジン連載のニュースをみて読む絶好の機会だと思いました。

今回はマガポケで無料で見られるということでさっそく読んだんですけど、いやー良いですね。まず絵が良かったです。コミカライズだと何じゃこの絵みたいなものがあって、ガッカリすることがそれなりにありました。

けどその点シャンフロは絵が上手いうえに変な演出もなく見やすい作りになっています。そしてお話も、まだ始まったばかりとはいえ鼻に付くような展開はなく安心して読むことができました。今後に期待できそうな1話だったと思います。

1話の超雑なあらすじ
  • サンラクは女をぶちのめしクソゲーをクリアした
  • ゲームショップに行ってシャンフロを勧められる
  • 気分転換にシャンフロを始めることにした
  • 初めは弱い敵から、次はレアエネミーを倒していく
  • そうして進めていくうちにエリアボスに遭遇した
スポンサーリンク

いきなり女をぶちのめす

仮面をかぶった半裸の男が美少女を蹴り飛ばすところから始まるのインパクトありすぎでしょw 

何事かと思えば、これがサンラクが愛しているクソゲーらしい。その一部というべきか。フェアクソなるゲーム。名前からしてだいぶアレだけど、どういうクソゲーかと言えばAIがかなりポンコツらしい。

とくに仲間のAI「フェアリア」がイカれているらしく、村人や仲間をよく殺すという。いや、ヤバすぎでしょ。しかも、それを邪神のせいにするんだからタチの悪さが分かります。

ただ面白いのが、フルダイブのVRMMOなんてものがあるくらい発展している世界だから、AIもかなりまともな思考をしていること。邪神のせいにするあたり自立したAIですよね。にもかかわらず、村人や仲間を殺すって相当ヤバいですけど。

その鬱憤を晴らしたのが最初に蹴り飛ばすシーンでした。ここまで発展しているとクソゲーとはいえ楽しそうで羨ましいです。

スポンサーリンク

クソゲーから神ゲーへ

フェアクソがあまりにもクソゲーで次にやるゲームが決まらないでいた。そんなときにゲームショップの店主なのか店員なのか分からないけど、真奈という女性に勧められたのがシャングリラ・フロンティアでした。

神ゲーをやるとクソゲーが本当にクソゲーでやってられないんですけど、クソゲーから神ゲーに移行するとどう感じるんでしょうか。面白いのか、つまらないのか。

サンラクの反応を見るに結構楽しんでそうな感じではあります。バグがないだけで大喜び。クソゲーと言えばバグだししゃーないね。

よく分からないんだけど、サンラクは何でクソゲーをやりだしたんだろう。今更バグがないゲームをして楽しめるだろうかと言っているあたり、昔はクソゲー以外をやっていたことが分かります。

子供のころにゲームをやり過ぎてクソゲーにハマってしまったとか?

スポンサーリンク

玲ちゃん

ゲームショップにいた玲ちゃん。真奈さんが言っているように、露骨に恋する乙女って感じで可愛いんですけど、果たしてヒロインなのか!? 

いや、こういうキャラクターって初めはヒロインぽいですけど、あとから登場するキャラクターに色々なところで負けて存在感が薄れてくるんですよね。

現実での見た目は普通の女の子ですが、ゲームの世界では厳つい甲冑を着ていました。攻略ガチ勢のクランに所属しているらしい。

とか言いつつ、この甲冑が玲ちゃんじゃなかったらどうしよう。けど、プレイヤーネームや口調からほぼほぼ間違いないんじゃないかと思います。

スポンサーリンク

鳥面の仮面

サンラクがキャラメイクした結果、鳥面の仮面をした半裸の男になった。

シャンフロの予告画像からこれがサンラクなんだとは思っていましたが、本当にこの姿で出てこられると笑ってしまいます。しかも「説明をさせて頂きたい」のところが絶妙な空気感で最高です。

ところで、素顔をさらして半裸プレイは辛いとサンラクは言っていました。つまり、この世界のゲームって基本的に自分の顔を使うんでしょうか。

ありがちなのは顔をVRのゴーグルでスキャンするというものです。でも、そうだとしたら私は絶対にゲームをやらなさそう。

まぁそういうのが当たり前だと案外気にならないのかもしれません。でもなぁ、自分の顔をネット上にさらすのはめちゃくちゃ抵抗感があります。

インスタが当たり前の時代にそういう価値観は古いのかもしれません。しかも、シャンフロの時代はさらに未来なわけですし。

その結果がハシビロコウのマスクってのは面白いですけど、初期の仮面がこれだけってことは以外にもハシビロコウのキャラクターがいたりするんでしょうか。

防具を売れば金になるってのは分かるけど、前回のゲームも半裸だったし、素直になれないだけで半裸になるのが趣味だよねw

スポンサーリンク

ヴォールパルバニー

サンラクのなにが面白いって、クソゲーをやりすぎてシステム的なスキルではなくゲーム的なスキル・テクニックが優れているんですよね。ヴォールパルバニーなるレアエネミーと何度か接近戦をやるだけで動きを見切っていました。

こういうの良いですよね。スキルには頼らない個人がもつ技術で敵を打ち倒す。私は今はゲーム自体をやっていないんですけど、オーバーウォッチというスキルがあるFPSをやっていて、エイムだけで敵を倒す人たちに憧れのようなものを抱いていました。

ゲームのジャンルは違いますが、サンラクはまさにそれです。こういうフルダイブのVRMMOになると余計に個人のテクニックなんかが重要になってくるだろうし、私が生きている間に誰か開発してくれないかなぁ…。

スポンサーリンク

サービス開始から1年

最後に驚きの展開がありました。シャンフロはサービス開始から1年経っているにも関わらず、ゲームの進行度が0%という事実が判明したのです。

掲示板の反応からして、ストーリーはクリアしているのが分かります。にもかかわらず、進行度0%ってエンドコンテンツがどれだけえげつないかって話ですよ。

どれだけのボリュームなんだろう。

そして、進行度を進めるにはユニークモンスターを倒さなければならないようです。でも倒せるようには作られていないらしい。それをサンラクが倒すのかな? 

この手の物語って主人公だけの特殊スキルなんかがあって無双しがちですが、シャンフロはどういう方向性で行くんでしょうか。

できればサンラクは優れたプレイヤーでありつつ、ゲーム自体が特別視するのは辞めてほしいです。運営が1人の人間を特別扱いして、武器やスキルを与えるのって現実的に考えてつまらないですよね。そういう展開にならないことを願っています。

サンラクが自分のスキルで圧倒する分にはどんどんやってくれって感じです。

スポンサーリンク

説明と独り言の多さ

絵は良いし、ストーリーも引っかかるところはない。

今後に期待できるのは間違いありません。その上であえて欠点を上げるならサンラクの独り言が多すぎるのと、説明が多いことです。

説明が多いのは出版を目的としていない小説家になろう原作だから仕方がありません。こういうVRMMOものだと説明しないことには分かりづらいですし。

1話だからってのもあります。

けど、サンラクの独り言は関係なくて、ただ単に多くね?っていうw 

別に独り言を言い続ける人は現実にもいますけど、それを見続けるのは何とも言えない気持ちになります。内心でこう思うみたいにすればスッキリするんですけどね。

まぁここは個人の好みの問題ってことで。

なにはともあれ2話が楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました