推しの子 8話 感想(ネタバレ注意)予想通りの展開ではあるけど…

ドラマ

きっかけは5話の冒頭のインタビューです。五反田監督が最後に一言を求められて「この映画をアイに捧ぐ」と言いました。海外の映画やドラマには、たまに○○に捧ぐというフレーズが乗ることがあります。これはその作品に関わっていたけど、何らかの事故や事件により亡くなってしまった故人に送られる言葉です。だから、5話を読んだときは「うん?」と思いました。

でも軽く思ったくらいで今回の事を予想できていたわけではありません。

察したのは8話のインタビューでした。斎藤が「アイを失ったあの瞬間に…」という姿を見て、そういえば5話のアレってそういうことなんじゃないかと思ったわけです。

しかも、8話のストーリーがアイじゃないですか。今までアイの心情が描かれたことはありませんでした。にもかかわらず、ここで来るということはそういうことだろうなぁと思っていたら最後の展開です。覚悟はできていたので驚きませんでした。でも悲しいですよね。

とは言え、ここで本当に死ぬのかは分かりません。奇跡的に助かって、でも嘘をつき続けるのは無理だからアイドルを引退するという流れに向かってもおかしくありません。

それはそれで未来の話で全くアイが出てこないのが気になるんですよね。ルビーやアクアは直接登場してるけど、アイはインタビューを受けた人の言葉でしか出てきていません。

そこがすごく気になるんですよね。どうなるんだろうなぁ…。

8話の大まかなあらすじ
  • アイは双子の父親と電話をしていた
  • 社長たちは順調に事が進んでいるため大喜びだった
  • そしてアイが20歳の誕生日を迎えた時、アイは刺された
スポンサーリンク

双子の父親

1話の感想に双子の父親が推しの子の最大の謎だと書きました。ゴローを殺害した人物でも転生した謎でもありません。どうしてそんなことを書いたのか正直自分でもよく分かっていないんですけど、それはそれとして気になるのは間違いありません。

今回会う約束をしていたから、ついに双子の父親が明らかになるんだとワクワクしていたらこれですよ。でも、アイが刺された以上は別れた人とはいえ会いに来るはずです。そういう意味では良かったのかもしれないけどアイ刺されてるからね…。本当にどうなってしまうんだろ。

ちょっとだけ話が逸れるんですけど、普通にアイに恋人が居たことに驚きました。アイドルは恋愛をしないとは思わないですけど、やっぱり隠すものじゃないですか。だからそういう考え方でいたんですけど、そもそも読者には隠す必要がないんだからこういう展開になるのは当然ですよね。

スポンサーリンク

ルビーのぶっ飛んだ考え

どうしてアイが双子の父親と会おうとしたのか。それは双子の会話がきっかけです。子供が自分の父親を気にするのは当然のことです。それが転生者であっても変わりありません。なんならアイを推している二人だからこそ必要以上に知りたがるのかもしれません。

でも、そこでクヨクヨ悩まないのがルビーという化物でした。まさか処女受胎という結論に至っているとは思わないでしょw 

オタクは拗れた考え方をしがちとはいえ、ルビーの場合はいくらなんでもぶっ飛び過ぎです。そりゃ愛情が分からないというアイでも心配しますわ。

スポンサーリンク

全てが順調だった

振り返ってみればアイが躓くことはありませんでした。初めのほうに人気の伸びがイマイチだったとはいえ、双子のおかげでスムーズに解決。あとは順風満帆でした。

それこそ今回のためのフラグにしか見えないくらいです。

歌番組で復帰し、ドラマや映画へと幅を広げていきました。ついにはフォロワーが100万人を超え、多くの人に認知された存在になったわけです。

ここまでくると仮にアイドルを引退しても仕事には困らないでしょうし、なんならここ2年である程度は仕事をしなくても済むくらいに稼いでいてもおかしくありません。

うーん…。やっぱりフラグにしか見えないなぁ。

スポンサーリンク

アイは嘘つき

これは前から気になっていたことです。確かにアイドルは嘘をつかないとやっていけない仕事なのかもしれません。でも、それにしたって強調し過ぎじゃないかと思うようなときがありました。

しかし、アイの回想を見てからは納得です。確かにこれは嘘つきですね。しかも、過去だけのことではなく現在も嘘をつき続けています。なんというか癖になっているんでしょうね。そうしないと生きてくれなかったのかもしれません。でも、その結果がこれというのはなぁ…。

スポンサーリンク

フラグだったなぁ…

今回の感想では何度もフラグだったと言っていますね。我ながらしつこいなぁ。とは言え、しょうがないですよね。実際フラグばっかりだし。

今回で言えば双子の父親と会おうとしたこと、仕事が順調だということ、過去の回想。全体的にフラグだらけです。過去の話を振り返るなら、前話のゴローの死体が発見されていないというのもフラグだったのかもしれません。

ここにきてゴローを殺害した人物を仄めかすような描写をしているわけですから。実際7話の感想では犯人が登場する合図なのかもしれないと書きました。でも、まさか次の回に登場した挙句、アイを刺すとは思わないですよ。

どうして犯人はこのタイミングだったんでしょうか。

アイが20歳の誕生日を迎えたから? ドームの公演が今日だったから? 

分からないですけど、後数話で色々なことが明らかになりそうです。とりあえずアイには無事でいて欲しいんだけど、厳しいだろうなぁ…。

タイトルとURLをコピーしました