推しの子 3話 感想(ネタバレ注意)やっぱりルビーの前世はあの子だった!

ドラマ

いやー言ってみるものですね。

ルビーの前世はさりなでした。私は1話の段階でその可能性があると考えていました。さりなは生まれ変わりについて話していたし、なによりアイの熱烈なファンだった。しかも、ゴローはアイの双子の兄に生まれ変わってしまう。となれば、さりなが双子の妹でもおかしくない。

とは言え、1話の感想に書いたときは割と適当でした。だって、私はそんなに予想が当たったことないし、さりなが双子って都合よすぎないかと思っていたからです。

でも当たったわw 

本当に珍しく私の予想が当たりました。でも、私の予想が当たるということは、おそらくほとんどの人が予想していないことなんでしょうね。改めて1話や2話を読み返すと分かりやすかったですし。

にしても、1話を見るかんじではルビーとさりなの性格はそこまで似ていないように見えたんですけど、3話の回想ではまんまでした。こんなんズルいやん。

3話の大まかなあらすじ
  • あくあまりんは授乳に抵抗感があったがルビーには何もなかった
  • 話を聞くとどうやらルビーの前世は女性だったらしい
  • そんなとき子守をしていたミヤコがキレた挙句、アイの情報を売ろうとしていた
  • 何とか阻止しなければならない双子は、とある奇策を使うことにした
スポンサーリンク

未来の話パート2

前話に続き今回も未来の話が冒頭に描かれていました。

今回はルビーとあくあまりんをマネジメントしている人物の話です。前回はルビーのインタビューだったんですけど、今回はインタビューではないのかな? 

よく分からないけど酒飲みながらインタビューはしないですよね。まぁそこは良いとして、彼女いわくルビーたちは天才というよりも神様に導かれているのだと言います。

はじめは意味が分からなかったんですけど、3話を読み終えてからは何となく意味が分かった、と思ったんですけど多分違いますよね。

というのも、ルビーたちのマネージャーってミヤコじゃないですよね。ミヤコならルビーやあくあまりんがやったことなんだなと分かるんですけど、瞳の色が違うのでミヤコではないはずです。

てことは、神様に導かれてるってどういう意味だろ…。

スポンサーリンク

大人の男性としてのプライド

転生ものでは定番の授乳ですが、ここで主人公の好き嫌いが分かれるような気がします。とは言っても、流石に直接描写する作品は少ないですけどねw 

あくあまりんの場合は授乳拒否しました。まぁ成人男性であればこれが普通です。ここで当たり前のように授乳していれば、ギャグでは済まないかもしれません。

成人男性がファンをしているアイドルの乳を吸うって普通にキモいでしょw 

そんな中、当然の権利として授乳するルビーは神の如き存在です。さっき冗談では済まないと言ったけど、あの流れからルビーが乳を吸ったのは普通に面白かったのでやっぱりなしの方向でお願いします。

一応言っておくと前世が女だからと言って授乳がOKとは思っていません。女性が女性を好きと言うのは珍しくないしね。

スポンサーリンク

ルビーが転生者だと判明したときの話

この点に関しては前話から不思議でした。

あくあまりんはルビーが転生者だと知っていたわけです。つまり、転生者だと知った時があったはずでそれは何時なのか、あくあまりんはどういう反応をしたのか。そこも転生ものの面白いところです。

と思ったら3話には明らかになるんだから展開が早い。前からというにはまだ3話だけど、推しの子って結構展開が早いですよね。謎が謎を呼ぶ展開も好きですが、サクサク謎が明らかになる作品も大好きです。

んで、あくあまりんがルビーが転生者だと分かったシーンですが、まさかの深夜にスマホでレスバしているところを目撃したからでした。予想外にも程があるでしょw 

そもそもそのスマホは誰の物なのかと思ったけど、流石にアイの物ですよね。でも、それはそれでワンチャン身元を特定されるようなトラブルに発展するような気がします。

最近NOTEというサービスでIPアドレスが明らかになってどうたらこうたらみたいな事件があったんですけど、あんな感じで結び付けられたらアイにとってあまり宜しくない展開になると思うんですよね。考え過ぎだとは思うんですけど。

とは言いつつ、ルビーのレスバは最高でした。サジェストが全部「死」に纏わるものなのが本当に最高です。それしか入力していないってことじゃんw

スポンサーリンク

神様ごっこw

ミヤコが言う美少年と仕事がしたかったから社長と結婚したというのは流石にどうかと思うけど、ベビーシッターをしたいわけではないというのはもっともな話だと思います。

社長夫人になったら所属アイドルの子供の面倒を見るって意味が分からないでしょ。でも、その結果がタブロイド紙に情報を売るというのは中々のクレイジーっぷりです。

クレイジーといえば、そんなミヤコを阻止するために神様を演じるあくあまりんの発想でしょう。では、代案は何かあるのかと聞かれると何もないので、ぶっちゃけあくあまりんの考えが正しいような気がするんですけど、でもこれで何とかなるという考えはやっぱりおかしいと思うんですよね。

案の定ミヤコの反応は微妙だったし。でも、ルビーの演技は最高でした。あの流れからの迫真の「我はアマテラスの化身」は面白すぎます。マジで笑いました。

しかも、ルビー曰くこれが初めての演技なんだからとんでもない。未来のインタビューでは女優に初挑戦と言ってたし、ルビーは将来大成するかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました