推しの子 29話 感想(ネタバレ注意)アクアを巡る戦いが始まる!!

ドラマ

すごく今更なんだけど、推しの子のカテゴリーって何なんだろう。はじめて読んだときは転生ものでした。ただ、なろうを好んで読んでいた過去がある私としては、ちょっとだけ珍しい転生ものです。現代に転生するというのは珍しくないけど、自分が推しているアイドルに転生するというのは珍しかったですし、なにより転生ものだと知らずに読んでいたから1話の最後の展開は驚きでした。

そんなわけで転生ものかと思いきやこれは何だとなり、しまいには推しのアイドルまで殺されてしまう。これをカテゴリーに分けるのは非常に難しいですよね。転生ものでもあり、ミステリーでもありサスペンスでもある。そしてラブコメでもあります。

冒頭に推しの子のカテゴリーは何なのかと書いたのはこれのせいです。めっちゃラブコメなんですよね。そもそもの話をするなら原作者がラブコメの人なんだからこうなるのは当然です。

でも、そこに至るまでが色々あってスッカリと忘れていました。とは言え、ここにきて本領を発揮してきた。ならば、ここからラブコメなのか、というと断言できないんですよね。

今のところめっちゃラブコメっぽくはありますが、果たしてここからどういう展開を迎えるのか。今後がとても楽しみです。

29話の大まかなあらすじ
  • アイを完璧に演じるあかねにアクアは動揺した
  • そんなアクアにこういう人が好きなんだと迫るゆきとMEMちょにアクアは赤面した
  • アクアの好意にあかねはまんざらではない様子だったが、それを画面越しに見ていたかなは不快に感じていた
  • 登校中のかなはアクアに遊びに行かないかと誘われるのであった
スポンサーリンク

黒川あかねは天才役者

あかねが天才的な役者だというのは、正直はじめて登場したときには想像できないものですよね。初めての時はどちらかというと落ち着いた様子でした。まぁ真面目なんだろうなって。そして、それは当たっていました。真面目だからこそ悪い方向に行ってしまった。その結果が今回の悲劇に繋がるわけです。

そこから天才役者だと分かる要素は何一つありませんでした。しかし、あかねはアイを完璧に演じてみせた。それは本当に完璧すぎて、死んだはずのアイが蘇ったみたいです。ようはホラーですね。だから、あかねの天才役者だという肩書は疑いようがありません。

ただ気になったのが、これだけの才能がありながら今までテンパっていた理由です。ぶっちゃけあかねの演技力であればどうとでもなったはずです。でも、さっきも言ったように悲劇を起こしてしまった。すごく不思議なんですけど、まったく理解できないわけではありません。

あかねは役者としては天才的だけど、タレントとしては真面目過ぎた。つまり、リアリティーショーなんだからありのままの自分を見せないといけないという固定観念を持っていた。

そして、真面目だからそれを絶対に守らなければいけないと考えていた。だから、あかねのギャップはしょうがないのかなぁと思いつつ、どうしてそんな考えを持っていたんだろうかと不思議に思ってしまいました。

しかし、ついに固定観念から解放されました。あかねは無敵です。もはや今ガチはあかねのための舞台と言っても過言ではありません。あかねとしてはハッピーエンドを迎えようとしているわけですが、今までの流れを見るにそう簡単に行くのかなぁという不安もあります。

どうなることやら。

スポンサーリンク

あかねはB小町に入るのか?

色々と感想を見ていると、今回の騒動はあかねがB小町に入るための布石なんじゃないかという人がいました。これは確かに思いましたね。

だって、前回のトラブルの中心にいたのが有馬かなです。そのかなはB小町に加入しました。となると、今回のトラブルの中心にいるあかねがB小町に入るのは既定路線なんじゃないでしょうか。

しかも、今のあかねはアイを演じることができます。常時それというのは余りにもあかねのキャラクターとかけ離れすぎていて厳しいような気がしますが、所々片鱗を見せるだけで十分にやっていけると思うんですよね。

となるとB小町としては大きな戦力になるし、あかねも更なるキャリアを重ねることができる。なによりアクアの近くにいることができる。全てにおいてプラスしかないような気がします。

まぁかなは嫌がるでしょうけどね。

スポンサーリンク

アクアとルビーの想い

MEMちょとゆきにからかわれて赤面してしまうアクアさん。こんなアクアを見るなんて…。だって、アイが死んで以来アクアは復讐に憑りつかれていました。それが自分にとっての全てみたいな感じで常時暗い感じだったのに、一転して恋バナで赤面ってw 

この感じからして推しの子はさらに雰囲気が変わるんじゃないかと思っています。

というのはさておき、アクア自身も考えていたことですが、アクアにとってのアイって何なんでしょうね。赤面するってことは単純に異性として好きってことなんだと思うけど、一方でアイドルや母親のアイも好きなんだと思うんですよね。転生者だからこその複雑な愛なのかなぁと思ったり思わなかったり。

一方のルビーはすごく分かりやすくて、母親に対する大好きという気持ちがあります。元々はファンだったけど、前世が前世だけにそこまで自意識があるようには見えません。もちろん前世としてのね。だから、ルビーは転生者ではあるんだけど、ほとんど普通に生まれた子供と変わらないと思っています。

スポンサーリンク

有馬かなの嫉妬

かなは本当にアクアのことが好きなんだなぁと分かる回でもありました。今まで散々今ガチを楽しんでおきながら、いざアクアが惚れた同行の話になると面白くないと一刀両断。挙句の果てにリアリティーショーそのものを否定しだすというw 

まぁ私もリアリティーショーには似たような考えを持っているので、かなの言っていることは理解できます。でも、それを言うのがアクアの件からってのがもうね。良いよねw 

でも根源にはアクア大好きという感情があるわけで、アクアからデートのお誘いがあれば乗るのは当然です。それにしたってあの変わり身は笑ってしまいます。次回も楽しみだなぁ。

タイトルとURLをコピーしました