推しの子 28話 感想(ネタバレ注意)これホラーでは?

ドラマ

タイトルにも書いてますけど、これホラーじゃないですか? 

黒川あかねと言えば、容姿は良いけど性格はクソ真面目でちょっと面倒くさいタイプでした。けど、そういう人って芸能界では長生きしないですよね。なにせキャラクター性に欠けるんですから。

どれだけ容姿が優れていても、芸能界にはそういう人が多くいます。なんなら容姿の良さは芸能人にとってのスタート地点でしかありません。だからこそ、黒川あかねにはキャラクター性が必要でした。

とは言っても、アクアとしては自分を守るために演技は必要なんじゃないかと言っただけで、売れるためにどうこうというものではありません。しかし結果的に黒川あかねはめちゃくちゃ売れそうな感じのキャラクターを作り上げたのです。

あかねがモデルにしたのはアクアの推しであるアイでした。アイといえば容姿だけでなく性格もアイドルとしては一級。でも、それはあくまでも作り上げられたもので、プライベートでは闇を感じさせるものでした。

逆にいえばアイほどの才能と努力があれば、アイのようなキャラクターを作ることができるというわけです。それが黒川あかねという女優でした。

とは言え、やっぱりアイは特別なアイドルです。だからこそアクアは未だに忘れられないし、好みの女として例にあげた。それを本当にあかねがやったんだからホラーでしかありません。人間ってやろうと思えばここまで変わるものなんですね。

28話の大まかなあらすじ
  • あかねの炎上は鎮火の兆しが見えていた
  • 今ガチの女性陣とアクアが集まっているとき、あかねにはキャラ付けが必要だという話になった
  • そのときにアクアはどういう女性が好みなのかという話になりアイをあげた
  • あかねはアイのようなキャラクターになるべく徹底的に分析するのであった
スポンサーリンク

手首もげちゃうよ!

今回も今回とてSNSの描写がありました。

Twitterと5chなわけですが、ビックリするくらいの手のひらの返しっぷりでした。5chでは茶化すように手のひら返し過ぎだろと言い、Twitterでは今ガチの面々を擁護する声。

これだけを見たら本当に手のひらを返しているように見えますが、じゃあ実際のところどうなんでしょうか。私が思うにこういう人たちは元々何かの意思表示をしていなかった、やっていたとしても軽く触れるくらい。そういう人たちがゆきやあかねの動画をみて方向性を見出したんじゃないかと思うんですよね。ようは手のひらを返したわけではなく、どっちつかずの状態をアクアの動画が変えた。

もちろん、中には何も考えずにあかねを叩いていて、今回も何も考えずにあかねを擁護している、自分の考えはないのかと思うような人もいるはずです。では、あかねを熱心に叩いていた人はどうしているかと言うと、動画に関係なくたたき続けているんだと思います。

ああいう人たちって自分が見たいものしか見ないし、信じたいものしか信じないですからね。最近のTwitterは特にそういう人が増えてきたように思います。だから、炎上したら中々鎮火しないし、作中でも言われているように10年経っても同じことを言い続ける人はいるでしょうね。

やっぱりSNSってクソだわ。

スポンサーリンク

些細なことで炎上する

ゆきはあかねを心配して「無理して出なくても良いからね」と言いました。とても思いやりのある言葉だと思います。数話前まではゆきが作為的にやったんじゃないかと思っていた自分が恥ずかしいです。

そんなゆきですが、言葉を発してからすぐに慌てた様子で弁明しました。どうやらゆきは暗にあかねに出てほしくないと言ったように聞こえると思ったようです。

流石に考え過ぎじゃないかとは思うんですけど、ゆきの場合はあかねの件では被害者ということもあります。ただ逆にいえばゆきのせいであかねがあそこまで追い込まれたという風にも受け取れるというか、そんな風に曲解する人は必ず出てきます。

とくにゆきを嫌っている人は都合よく解釈するはずです。となると、決してゆきは間違ったことは言ってないんですけどアンチに利用されるのは間違っていません。

生き辛い世の中だけどしょうがないよね。いっそのことSNSを止めろというのも手だとは思うんですけど、若い芸能人からすればSNSも仕事の一環だろうし難しいなぁ…。

スポンサーリンク

あかねの分析が怖いw

その人を演じるにはその人のことを知らなければならない。だから分析をするのは当然なんですけど、どうしてあかねの分析はこうも狂気的なんでしょうか。

おおよその人は知らないような情報ばかりです。

例えばアイは視力が良いという情報。これはバラエティーなんかで視力検査をしていれば分かることです。でも聴覚と嗅覚が敏感であったり、15歳あたりから破壊的行動に改善が見られたなど。プライベートなことまで何故かあかねは知っているんですよね。

っているということはアイが公開した情報ということになりますが、それにしたってここまで調べるのかと言うくらい徹底的にアイのことを調べています。

ところで、作中にはarchiveのサイトが出てくるんですけど、2004年のときだけログが多いんですよね。ということは、2004年にアイは刺されたということなんでしょうか?

とは思ったんですけど、1話を読み返せば分かるようにアクアがゴローだったときからスマホは存在しています。てことは、アイが刺されたのは2010年以降なんでしょうけど、ならどうして2004年のログだけ異常に多いんだろ。何かの伏線だったりするんでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました