推しの子 25話 感想(ネタバレ注意)読んでるこっちもしんどくなるやつ

ドラマ

展開そのものは予想通りでした。前回の感想でも言っているように、恋愛リアリティーショーでの炎上はテラハでの出来事を思いだします。私はテラハは見たことありませんが、それでも名前は知っていたし出演者が自殺したことはショッキングな出来事でした。

このことについて調べれば気分が落ち込むのでそこまで知っていることはありません。それでも番組側の演出が問題だったこと、そのことからSNSでの誹謗中傷が相次いだこと。

その結果が自殺だったことは知っています。

そして、今ガチはまさにそうじゃないですか。確かにあかねの行き過ぎた頑張りや、やり過ぎたところはあります。でも、それを放送すればどうなるかは明らかですよね。

それにあかねとゆきが仲直りしたところは放送していませんでした。撮影していなかったからしょうがないよね、とはならないですよね。普通は撮影していなかったらカットするはずです。

でも、恋愛リアリティーショーに限らずネットを含めた番組は数字が一番です。視聴率、視聴者数がなければ続けようがありません。偏見ですがリアリティーショーはそういうところが露骨に現れているような気がします。そうでないと明らかに炎上するようなネタを放送するわけがありません。出演者がいてこその番組なのに、彼らをスタッフが守ろうとしていないんだから。

そんなこともあり冒頭でも言ったように予想通りの展開でした。

でも、分かってはいてもやっぱりしんどいですよね。推しの子は創作物であるため、所詮は作られた悪意でしかありません。でも、結構リアリティーはありました。

それに創作物ですら悪意を感じ取ることができるんだから、現実だと物凄いでしょうね。それこそ誹謗中傷の質はこんなもんじゃないだろうし、それが自分に向けられるんだから世の中が自分の敵なんじゃないかと錯覚してもおかしくありません。

そのうえあかねは真面目な人間ですから、辛いと分かっていながらも意見として直視しようとしていました。だから、誹謗中傷の受け取り方もよりダイレクトなものになってしまいます。そうなるといよいよどうしようもなくなってしまい、今回の突発的な自殺未遂に繋がったんだと思います。

何度も言いますが予想通りの展開でした。こうなるだろうなと思いながら25話を読んでいましたが、やっぱりしんどいですね。

25話の大まかなあらすじ
  • あかねはゆきとの一件により誹謗中傷にさらされていた
  • 真面目な性格をしているあかねは誹謗中傷を見続けてしまう
  • 学校へと向かったが、同級生が自分の悪口を言っているのを聞いてしまった
  • どうしようもない現実に疲れてしまったあかねは身を投げようとして…
スポンサーリンク

やっぱりTwitterってクソだわ

漫画だからある程度抑えている部分があるのは分かります。でも、抑えていながらも確かにこんなこと書かれてるよなぁみたいなtweetが沢山あって感心しました。

定番なのはシンプルな中傷です。誰なのか分からない、辞めて欲しい、死んでほしい、不快だった。でも、定番でシンプルだからこそ、こういうtweetは本当に多いですよね。しかも、分かりやすいからそういうtweetにファボが付きやすいという。

まぁtweetだけならまだマシなんですよ。辛いのはそういう誹謗中傷のtweetに多くのファボが付いていることです。本当にみんなこの人に共感してるんだなと分かるとより一層辛くなってしまいます。

さらにしんどいのは、自分や公式へのリプではなく、単独でのtweetに多くのリツイートやファボが付いている場合です。おそらくこれが一番辛いんじゃないかと思います。まぁどの道誹謗中傷なので大した差はないんですけど、そういう細かな差が心を傷つけるんじゃないかって思うんですよね。

すごいリアルだなと思ったのが、ファボよりもリツイートが多い点です。これ本当に一目で炎上しているかどうか分かりますよね。だからこそ、炎上している本人はさらにダメージを受けてしまうわけです。

ただ、そう考えるとリツイート2万に対してファボ1.1万は結構多いんじゃないかと思いました。あかねがそこまで売れていない女優であることを考えるとファボが5000以下であってもおかしくありません。

そう考えると何だかんだあかねのファンはいるし、今回の件であかねのファンになった子もいると思うんですよね。でも、炎上しているとそういう人の声はかき消されてしまうし、どうしてもアンチのほうに目が行ってしまうんだろうなぁ…。

スポンサーリンク

本当にあかねって真面目だよね

私ならこんなことになったら絶対にSNSは見ないし学校にも行きません。とくにSNSどころかネット絶ちするかも。そこまでいかなくても無心でゲームをするとか、Netflixを見るとか。たぶん私はそういう方向に行くでしょうね。

でも、あかねは真面目だから誹謗中傷であっても一つ一つに目を通したし、今回の出来事への謝罪をTwitterで行いました。どれも最悪のパターンですよね。

SNSはほとんどが誹謗中傷でまともな意見なんかないんだから見るだけ無駄です。あかねの自殺未遂からも分かるようにメンタルケアはしっかりとしないと本当にまずいです。てか、あかねの事務所は何やってんだって話ですよ。こういう時こそあかねを守らないでどうするの。

次に謝罪もMEMちょが言うように燃料でしかありませんし、そもそも何に対しての謝罪なのか分かりません。ゆきへ暴力をふるったのは事実です。でも、それはゆきに謝罪して許された時点で終わったことですよね。

必要だったとすればあかねからではなく、事務所からの状況の説明です。ただ、それも結局炎上の燃料になるだけだから意味がないんですよね…。

結論としては沈黙を貫くしかありません。それでも一度定着したイメージは拭い去れないんだから、本当に制作陣の罪は重いです。

スポンサーリンク

アクア参上!

ここで本当にあかねが自殺をするのはまずいですよね。いや、そういう作風なら良いんですけど、推しの子はシリアス多めとはいえ違うじゃないですか。もしそんなことになれば、テラハの件もあり推しの子が炎上してしまってもおかしくありません。

そういうのは抜きにして、推しの子にはアクアがいるんだから大丈夫という確信がありました。そしたら案の定アクアが止めてくれたじゃないですか。流石アクア! 

とは思うんですけど、ひとつだけ気になることがありました。どうやってアクアはあかねの居場所を突き止めたん…? これあれか、外に出たら必ずストーキングしてたのか。そうじゃないといざという時にあかねを止められないですよね。

でも、そうなら初めからあかねに接触して慰めれば良いのに、アクアも酷い人だなぁ。とは言え、これでようやくアクアが動き出します。ここからどういう展開になるのか分かりませんがめちゃくちゃ楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました