推しの子 16話 感想(ネタバレ注意)糞プロデューサーだ!

ドラマ

うわー!

すげークソなプロデューサーじゃん!! 

前回の感想では鏑木に同情したんですよ。こんなキャスティングのドラマを作らないといけないんだから大変だよね。そりゃあんな目にもなるよねって。

でも今回のキャスティングをしたのが鏑木張本人でした。よくよく考えるとプロデューサーなんだからキャスティングしてもおかしくありません。そのことはまったく考えていなかったので完全に盲点でした。だから、鏑木がキャスティングしたと聞いたときは驚いたものです。

でもまぁそこは良いんですよ。クソなキャスティングをしようと、クソドラマを作るだけだから。原作のファンや原作者は損をするだろうけど、まぁそこはしょうがないですよね。そういう意味では鏑木は糞プロデューサーなんですけど、私が言いたかったのはそこではありません。

かなに対する評価です。かなを起用したのは天才子役として名が知れているから。ここは良いでしょう。視聴者数を獲得するには有名人を入れるのが一番ですから。

個人的にクソだと思ったのが事務所に入っていないからギャラがタダ同然と言ったところです。これ絶対にやっちゃ駄目なやつでしょ。

もちろん、予算の問題があるのは分かります。できるだけ安くキャスティングしたいという気持ちも分かるつもりです。でも、ギャラというものはその人に対する評価でもあるわけで、タダ同然ということは役立たずと言っているようなものです。いくら何でも馬鹿にしすぎでしょ。

しかも、これって典型的なやりがい搾取ですよね。かなとしてはドラマや映画に出たい。その気持ちに付け込んで、タダ同然で働かせる。アクアがその気なら、簡単にこのドラマをぶち壊せるでしょうけど、たぶんアクアの滅茶苦茶やって帰るってのはそういう意味ではないですよね。

いずれにしろ、鏑木が糞プロデューサーだと分かったんだから、アクアにガツンとやってもらいたいです。

16話の大まかなあらすじ
  • アクアはドラマの現場に入った
  • 主演に挨拶をするも失礼な態度で返された
  • アクアは本来の目的である鏑木のDNA採取に動いた
  • そこでアクアは鏑木のかなに対する評価を聞いてしまうのであった
スポンサーリンク

自惚れた主演

クソなプロデューサーが集めたキャストなんだからそこまで不自然ではないとはいえ主演がこの態度なのはなぁ…。

そもそもこのドラマはモデルを魅せるためのものなんだそうです。

曲がりなりにもドラマなんだからそれなりの予算はついているはず。そんなことができるということは事務所は大手だろうし、主演の男は売れっ子か一歩手前なんだと思います。かな曰く「とんとん拍子に売れている子にはよくあること」とのことで、主演の鳴嶋はまさにそういう人なんでしょうね。

他の人は出てきてないから分からないけど、主演ということはかなともそれなりに絡むわけで、かなはよくこんな現場に耐えられますよね。それだけ役者への思い入れが強いってことなんでしょうけど、私ならすぐに逃げ出す自信があります。

スポンサーリンク

アイと鏑木の関係とは

アイの連絡先に載っているということは、それなりに親しいんだと思っていました。でも裏でかなのことを悪くいったり、プロデューサーとしてのやり方を見ていると、とてもアイとは仲が良かったとは思えません。でも、仕事はくれそうではありますよね。

鏑木は顔面至上主義なんだそうです。となると、アイは完璧といっても過言ではありません。鏑木のお眼鏡にもかなうでしょう。だから、それなりにドラマや映画の仕事を与えられたはずです。

だから、アイは連絡先に名前を登録していたんでしょうか。それとも昔は鏑木もそんな人ではなかったとか。人間って変わりますしね。アクアなんかが分かりやすい例です。

でも、やっぱりこの感じだと鏑木はアクアやルビーの父親ではないでしょうね。少なくとも今の鏑木に好きになる要素はないし。

スポンサーリンク

普通に演技できるじゃん

アクアの役はストーカーでした。アクアが言ってるけど、本当に何の因果なんでしょうね。神様がいるとすれば相当性格が悪いんだと思います。

でも、アイを殺したストーカーを知っているアクアなら迫真の演技ができるんじゃないかと思っていました。だから、ある意味適役なんじゃないかって。

でも、かなの評価は「普通に演技できるじゃん」というものでした。子役のときのかなの反応からはかけ離れたものです。しかも、普通ってところがアクアの演技力を雄弁に物語ってますよね。

良いってわけでも悪いってわけでもない。

なんなら子役のときのアクアを知っているかなはガッカリしたんじゃないでしょうか。作中でははっきりとは言わなかったけど、そういう匂わせはしていました。

でも、それで失望しないところにかなの人間性が現れていますよね。しかも、努力した演技だと褒めていました。多分ですけど、かなもそういうタイプの役者だからアクアの気持ちが分かるんだと思います。そう考えるとかなとアクアってお似合いの二人ですよね。

スポンサーリンク

かなは苺プロと契約するのかな?

鏑木の発言から、かなは現在フリーであることが明らかになりました。これってつまり苺プロに所属するということじゃないですか!? 

そういう前振りにしか見えません。

それに未来のインタビューではアクアと相当仲良さげに見えましたし、同じ事務所に所属して交流を深めたと考えると十分にありえることだと思います。

それに苺プロであれば、今回のような糞みたいな仕事には当たりづらくなるでしょうしね。なにせ苺プロの代表はミヤコですから。頼もしい存在です。

タイトルとURLをコピーしました