見える子ちゃん 4話 感想(ネタバレ注意)見かけに騙されてはいけない

コメディー

みことハナは学校が終わるとミセスドーナッツにやってきた。普段から人気店のようだが今日は50%オフということもあり、みこやハナと同様に多くの客が訪れていた。なんやかんやあったが無事モンデを10個購入。帰路の途中で捨て猫を発見したのだが…。

スポンサーリンク

半額セールという狂気

この世界だとミセスドーナッツという謎の店名になっていますが、我々の世界だとミスタードーナツというお馴染みのお店が実在します。ただまぁ、私自身田舎に住んでいること、そして他人との交流が無に等しいことから子供のころにドーナツを買ってもらっただけでそれ以降食べた記憶がないんですよね。なんてことはどうでも良いことなんですけど、50%オフという話をみて思い出したことがありました。

2012年にミスドが半額セールを行ったというものです。この記事を執筆しているときが2020年の4月なのでざっくりと8年前ということになります。時の流れが速くて恐ろしい…。

でまぁ、そういう話があったなぁと思いだして調べてみたところ、これ結構ヤバかったらしいですね。なにせ半額セールですから普段ドーナツを食べないような層にも刺さるわけです。どうせ半額なんだし、と恐らく私の母も買いに行きそうな感じのやつ。

実際多くの人がミスドに訪れ、1時間も待たないと買えなかった人もいたんだとか。最終的には生産が追い付かず、休業するしかなかった店舗も出て結構な騒ぎになったんだそうです。私はなんかそんなことあったなぁと思いだしただけで、ぶっちゃけこういった騒ぎに関してはすっかり忘れていました。なんなら未だに思い出せません。

スポンサーリンク

ハナちゃんの優しさ

自分が並んでいると思っていた列は幽霊の列でした。って怖すぎ!

この話のなにが面白いって啓蒙になっているところです。幽霊が人間に化けていたわけではありません。なんなら普通に周りを見ていたら幽霊が並んでいると一目で分かるくらいのものでした。しかし、みこちゃんはスマホばかりを見ていてその列に気づかず並んでしまいます。これよくよく考えると結構ヤバい展開ですよね。

幽霊の列ってそれだけで何らかの力を持っていそうじゃないですか。だって、幽霊が並ぶってよっぽどのことですよ。そんなところに並んでしまったら、自分の力では抜け出せないとかありそうで恐ろしいです。

実際幽霊は自分たちの列に紛れ込んだみこちゃんを凝視していました。拘束力がなかったとしても、ここまで露骨だと自分たちを認識していると思われそうで、みこちゃんもかなりガクブルでした。

そんなみこちゃんを救ってくれたのがハナちゃん。もちろん、ハナちゃんは幽霊が見えないので偶然の行動でした。しかし、これの何が優しいって半額セールでめちゃくちゃ人が並んでいるにもかかわらず、わざわざ列から抜け出しみこちゃんの元まで来てくれたこと。

来たばかりとはいえまた並ばないといけない面倒くささを考えると私にはできないことです。しかし、その行動のおかげでみこちゃんは相当救われたと思います。

ここでハナちゃんが歩きスマホは駄目だよと言ったことで啓蒙にもなりますし、良い話だなぁ~。

スポンサーリンク

幽霊の列

ハナちゃんは幽霊が見えないので、歩きスマホの件で大けがしたかもよと言ったんですけど、みこちゃんからすると別の意味に聞こえるというか、大けがどころではなかったかもしれない列を抜け出せて安心といった感じでしょう。

そこで話に戻るんですけど、この幽霊の列は一体なんなんでしょうね。ただ並んでいるだけなら、そういう幽霊が集まっているとか、並んでいるときに亡くなった人たちとかこじ付けることができるんですけど、幽霊たちが並んでいる先に待っているのは巨大な口を持つ幽霊でした。

それで何をするかといえばがぶりと上半身に食らいつく。4話で描かれているのはそこだけなんですけど、ここまで常軌を逸した展開だとちょっと考えてしまいますよね。幽霊たちが並ぶだけの価値があるんだと思います。

定番だとあの世への入り口とか? 

食べられることで真に死ぬことができるとか、あの幽霊の腹とあの世が繋がっているとか。それとも大口の幽霊が妙なフェロモンを出していて、それに釣られた幽霊を捕食しているだけ? 

色々と考えられるんですけど、正体はなんなんでしょうね。かなり気になります。

スポンサーリンク

箱の中

箱の中に猫が捨てられているのはありがちで、なんなら箱の中に幽霊がいるのもありがちではあると思うんですけど、ここまで書き込まれた幽霊が入っているとなると笑ってしまいます。

しかも、その幽霊は猫に懐いているのか、ハナちゃんが抱っこすると箱からのっそりと出てきて猫に近づく。んで、猫は猫で動物の勘的なもので気づいているのか猫パンチをしていました。

ハナちゃんは可愛いという意味でヤバいと言えば、みこちゃんは怖いという意味でヤバいと言いますし、3話に続いてとんでもないギャグ度でした。てか、この猫人懐っこいですね。

私は猫を2匹飼っているんですけど、どちらも人懐っこさはないです。もちろん、私や家族には懐いています。けれど、子供のころに何度か会っている祖母に見せると、ビビりまくってすぐに逃げてしまいます。しかも、もう1匹のほうは子猫で1か月前にあったはずなのに、すっかり忘れていてビビっていました。

そんな猫2匹を飼っている身からすると、ここまで人懐っこい猫こそ非現実的なような気がします。これは幽霊並ですよ。

スポンサーリンク

外見がヤバそうな人と内面がヤバそうな人

4話の何が良いって、過去最高のボリュームであることです。ページ数はそう変わらないと思うんですけど、展開を速めているように見えました。普段であれば幽霊が1回出るだけなんですけど、今回は多種多様な幽霊が出るだけでなく人の内面を幽霊で表現していて、しかも良い話というね。

1人はタトゥーがあって、誰がどう見てもヤバそうな人。もう1人は外見は普通の青年で、なんなら優しそうに見える。里親にするなら私は後者を選びます。しかし、幽霊が見えるみこちゃんには内面を見ることができました。

ヤバそうな外見の人は幸せそうな猫又がまとわりついていました。一方で優しそうな外見の人はおぞましい猫が何匹もまとわりついていました。みこちゃんが咄嗟に断ったから良かったものの、もしみこちゃんが居なかったらどうなっていたんでしょうか。

最後の奥さんらしき幽霊が出てくる場面も良かったです。まぁちょっとベタなような気もしますけどねw

タイトルとURLをコピーしました