見える子ちゃん 14話 感想(ネタバレ注意)はなちゃんとユリアちゃんの出会い

コメディー

神社の一件以来写真家として目覚めてしまったはな。666ものいいねを貰ったため、すっかりその気になっており、カメラまで買ってきてしまう。

そんなときにユリアが現れた。彼女はみこと同じく幽霊が見える人間。しかし、そのことを隠そうとするみこが気に入らず、なんとか正体を暴こうと躍起になっていた。

だからこそ、はなの写真家としての想いを利用することにした。その結果3人は多くの幽霊が溜まっているトンネルへとやってきたのだが…。

スポンサーリンク

666のいいね

色々凄すぎ。まず666もいいねが集まっているということ。どこから集まってきたんだ…。この感じだとTwitterだと思うんですけど、顔を出しているならいざ知らず、顔を隠したJK2人と神社の写真ってそんなに伸びるの!?

そんな驚きがありました。

Twitterは昔から使っていますが、よくよく考えると適当に使っているだけで、あまり写真とか見ていないんですよね。なんでこういう文化は分からないんですけど、顔を隠してもこんなにいいねって押されるものなんですかね。

次に666って露骨すぎ!

悪魔の数字だし、もう何か不吉なことがありますよと言っているようなものです。面白いのがみこちゃんは幽霊は見えるのにそういうことには疎いため666の意味に気づいていないという。オカルト大好きな人間が見たら卒倒しそう。

というか、タイミングがタイミングならユリアちゃんがみて何かしら反応しそうですよね。見事にタイミングが悪いわけですけど。

スポンサーリンク

はなちゃんの才能

普通の人間ならはなちゃんって天然だなぁって感じなんでしょうけど、幽霊なんかが見える人だとある意味才能の塊ですよね。

生命オーラが凄すぎて幽霊が集まってくる。それこそ幽霊が幽霊を食べて化物になってしまうくらい。とんでもない引き寄せの才能じゃないですか。

次に引き寄せた幽霊は見えないけど、綺麗に撮影する才能。なんというかある意味自作自演のような気もしますが、見えないものを綺麗に取るって才能というか怪物ですよね。みこちゃんからしたら余計なものを撮るなって感じなんでしょうか?w

スポンサーリンク

ユリアちゃんの意地

よくいるじゃないですか。1人に対して意固地になる人。ユリアちゃんはまさにといった感じなんですが、なんでこうも意地になってしまうんでしょうか。

あれこれ考えていたんですけど結論は単純で、アイデンティティを失ったからなんですよね。生まれたときから幽霊が見えていた。人とは違う。そのせいでいじめられていた。だからこそ見返すためにも幽霊を祓いたい。そのためには師匠が必要だけど、同い年の女の子のせいで辞めてしまった。

別に唯一無二というわけではないんですけど、それに近いものを持っていただけに同年代の女の子に邪魔されたってのが効いたんじゃないかなぁって思いました。しかも、みこちゃんにはその気がないとはいえ、ユリアちゃんは馬鹿にされているように思っている。もし私がその立場なら嫉妬とかで頭がおかしくなってそうw 

こうした意地が自分の中の問題で済んでいたら良いんですけど、今回は命の危機に瀕していました。ユリアちゃんには見えない幽霊に襲われそうになった。しかも、それはユリアちゃんが見えているような素振りを見せていたから。こういう意固地になってピンチに陥るみたいな展開、あまり好きじゃないんですけどユリアちゃんは可愛いのでOKです。全てを赦しましょう。

スポンサーリンク

見えてる

今まで幽霊に見えていることがバレると危険、かもしれないという、あくまでもみこちゃんの予想でしかありませんでした。しかし今回ある意味ユリアちゃんのおかげで真相が明らかになりました。間違いなく危険です。

蜘蛛の幽霊なのか何なのか分かりませんが、見えていることが分かると明確な殺意をもって襲ってきたのです。幽霊に物理的な干渉能力があるとは思いませんが、幽霊が見えているうえで襲われると精神的ショックが大きそうですよね。

しかも、襲ってくるということは何らかの干渉能力があるのは間違いない訳で…。それが精神的なものなのか物理的なものなのかは結局分からずじまいですけど幽霊に余計なちょっかいを出すのは危険ですね。ということが14話にしてようやく分かりました。

ここらへん割とモヤモヤしていたので明らかになってスッキリです。

スポンサーリンク

お面の女の子再び

そんな幽霊をみこちゃん達が何とかできるはずもなく、助けてくれたのがお面の女の子たちでした。彼女たちの正体は依然不明のままですが、神様的な何かの下僕だと考えると力を持っているのは間違いありません。というか前回ヤバい幽霊と戦っていましたしね。

なんで、今回も戦うのかなぁと思いきや手をかざすだけ。それで幽霊が弾けるとか消滅するのかと思いきやどこかに消えるだけという。どういうこっちゃ。

神様的な何かの下僕なら幽霊は悪しきものとして祓ったほうが良いんじゃないのと思うんですけど違うんですかね。しかも、幽霊のほうも大人しく何処かへと消えちゃいましたし、実は自作自演だったとか? 

いや、流石にこれはないですね。けど、最後らへんの展開は割と謎でした。そして1、と。これ3になるとどうなるんだろ。

タイトルとURLをコピーしました