九条の大罪 8話 感想(ネタバレ注意)読者的にはハッピーエンドだよね

ドラマ

めっちゃハッピーエンドじゃん!というのが正直な感想です。

いやいや、曽我部はあれだけ嫌がってた刑務所に入ったし、金本も殺されたしハッピーエンドじゃないだろ、と思う人もいるでしょう。それはその通りです。実際ハッピーエンドかというとかなり微妙。でも、今までの流れを見ていれば分かるように、本当にどうしようもない状況でした。

曽我部は利用されていた。もちろん、曽我部にもメリットはあったけど、結局のところ金本がいなければそんなことはやらなかったはずです。どうしてお薬の売買をしていたかといえば金本が怖かったから。その結果金本は逮捕されてしまいました。

本来であればここで全てをぶっちゃけても良いんですけど、それをやってしまえば曽我部の命はなかったはずです。つまり、詰んでいました。もはや絶望しかなかったわけです。

にもかかわらず、曽我部は刑務所に入ったとはいえ刑期は1年半と当初の予想よりは遥かに少ないものになりました。そして、曽我部がもっとも恐れていた金本は殺された。

しかも、曽我部によるリークが原因です。直接的な殺害ではなかったものの、曽我部の意志により金本を害しようと考えたのは間違いありません。そして見事にやってのけました。

これがハッピーエンドじゃなかったら何なんだって話ですよ。

8話の大まかなあらすじ
  • 曽我部は1年6が月の刑期を言い渡された
  • 刑務所では真面目にしていた曽我部のところに刑事がやってきた
  • 刑事は金本に関する情報を渡すように言われるも、曽我部は刺青を消したいと言った
  • 警察へのタレコミから伏見組の幹部が逮捕され、疑われた金本は始末されるのであった
スポンサーリンク

どうやって単純所持に持っていったんやろ?

曽我部の部屋には大量のコカインや大麻があって、そのうえでの逮捕なら絶対に営利目的の逮捕になると思うんですけど、九条はそれでも曽我部を単純所持まで減刑させました。

どうやってやったんだ、すげーなんて思いつつ過去のエピソードを読み返していたんですけど、割と重要なことを忘れていることに気づきました。

私はてっきり大量の大麻やコカインがあると思っていたんですけど、逮捕されたときにはすでに仕分け終えていて曽我部の部屋にはほとんどなかったんですよね。んで、逮捕されたときに発見された量が大麻4グラムとコカイン3グラムでした。

それってどれくらいの量なんだと調べたんですけど大麻が4万円くらい、コカインが6万円くらいでした。これを売買目的として判断することも可能ですが、一方で個人使用の所持とも判断できます。

それに曽我部の前回も薬物関係ではなく、金本が暴力事件を起こしてその身代わりになったというものです。そこも勘違いしていて、私は薬物関係での逮捕だと思っていました。薬物での逮捕なら減刑するのは難しかったのかもしれません。でも、暴力事件と薬物は関係ないですからね。

そりゃ金本との繋がりがあるので警察は疑うでしょうけど証拠がなければどうしようもありません。そんなわけで色々と曽我部の刑期には納得できたんですけど、我ながら周回遅れなことを考えていてすげー馬鹿ですね。

スポンサーリンク

真面目にお勤め

曽我部は真面目に服役していました。言われたことは全てを守り、誰かと揉めることもない。それもそうですよね。曽我部といえばそういう性格です。

よく言うなら真面目、悪くいうなら長いものに巻かれる。でも、これは悪いことではないというか、平均的な日本人って感じです。なら、曽我部の何が悪かったかといえば生まれ育った環境でしょうね。その結果、どうしようもない状況に追いやられてしまいました。

でも、刑務所は言ってしまえば平等です。何かが起これば刑務官が駆けつける。海外や昔の日本ならいざ知らず、現代日本の刑務所で好き勝手に振舞うことはできません。

だからこそ、曽我部はとても真面目な受刑者でいられるわけです。それに曽我部は変る決意をしていますからね。この程度のことすら真面目にできずにどうするんだって話です。

スポンサーリンク

さらば金本

正直この展開は予想外でした。なにせ私としてはこのエピソードは前回で終わったと思っていたからです。ようはバッドエンド。でも、普通に続いているし、なんなら曽我部の逆襲が始まりました。本当にビックリです。

まず曽我部は刺青を消すことにしました。あれは金本の支配を象徴するものです。残したままということは金本の支配を受け入れるということでもあります。逆にいえば刺青を消すということは支配からの脱却を意味するわけです。曽我部は父親のことを聞いて刺青を消す決心をしました。

その結果曽我部によるタレコミから金本の死。なんともまぁお似合いな結末じゃないですか。悪党にふさわしい死に様です。

ただ、怖いのが壬生の存在です。本当に金本を疑っているのかというとかなり微妙です。なにせ金本は壬生の後輩なわけで人柄は知っているはず。だから、金本でない可能性もあると思ってるんじゃないかって。一方で曽我根のタレコミだと思うには情報が足りていません。

そう考えると曽我部が出所した時がちょっとだけ怖いですね。

タイトルとURLをコピーしました