九条の大罪 6話 感想(ネタバレ注意)救われない曽我部

ドラマ

ついに逮捕された曽我部。でも、それだけではありませんでした。金本も共犯で逮捕されたのです。これは金本にしても曽我部にしても予想外だったんでしょうね。

金本が曽我部の部屋を使って薬物の仕分けをしていたのは逮捕されたときの言い逃れに利用するためです。しかも弁護士が九条となれば何とかなるはず。でも、九条の言葉では内偵による逮捕でした。現行犯ではなく内偵というあたり、警察としては確証があって逮捕したことになります。

この状況で曽我部に全てを擦り付けるのは厳しいと思うんですけど九条はやると断言しました。いやいや、流石にそれは曽我部が可哀そうだろ、それに無理なんじゃないかとは思ったんですけど、もしできなかった場合は九条の信用に関わってきます。それはまずいと思うんですよね。

だから、九条がやると言ったらやるんだろうなぁ…。

6話の大まかなあらすじ
  • 逮捕された曽我部のもとに九条と烏丸がやってきた
  • そこで明らかになったのは曽我部のトラウマ
  • その後共犯で逮捕された金本に二人は接見した
  • そして曽我部に全ての罪を擦り付けると断言するのであった
スポンサーリンク

曽我部のトラウマ

曽我部の人生を考えると悲惨でしかありません。

幼いころから不出来で、あれだけで母親から愛されてないというのは酷ですけど、でもああいった反応を示すのをみて愛してないと思うのはしょうがないですよね。

確かに母親の気持ちは分かります。曽我部がやっていたのは徒競走。それは難しいものではありません。一本道を走るだけ。それだけの競技です。物心つけば誰だってできます。でも、曽我部には軽度の知的障害がありました。それが原因なのかは定かではありません。あるいは、パニック障害のようなものがあったのかも。そうでなくてもパニックに陥っていたのは間違いありません。

でも、さっきも言ったように徒競走は本当に単純な競技です。傍から見れば何でこの程度も出来ないんだと思われてもおかしくありません。でも、周囲の人たちは優しさからなのか拍手をしながら応援してくれていました。心が綺麗な人が見ればとても微笑ましい光景でしょう。

でも、曽我部に対する負い目があるのか、こういうことでパニックに陥った曽我部を恥ずかしく思ったのか、母親は曽我部を応援することなく俯いていました。まぁ自分の子供がそうだったらと思うと、多少の恥ずかしさはあるのかもしれません。だから母親の気持ちは分からなんでもないですけど、でも子供が頑張ってるんだから愛していれば応援はします。

それをしなかった母親はクソとしか言いようがありません。だって、子供を傷つけるのは分かり切っていることじゃないですか。実際曽我部は今でもそのことをハッキリと覚えています。もちろん、それだけが曽我部の人格形成に多大な影響を与えたとは思いません。でも、そのことが曽我部の屈折とした人格形成のきっかけになったのは間違いありません。

もし母親が人並みの愛情を与えていれば、少なくとも曽我部はここまで自己肯定感が低くはならなかったはずです。金本との付き合いは免れないでしょうけど、それでもイジメに否を唱えたり金本と対等に近い関係になれていたかもしれません。

どの道金本と付き合っていれば犯罪者になるんでしょうけど、今よりはマシな人生だったはずです。そう考えると人間が幸福になるには環境が大事なんだなぁと思いました。

スポンサーリンク

金本ブルってるやんw

こうしてみると金本って典型的なやつですよね。強者には弱気で、弱者には強気。世の中で一番くだらない人間です。まぁ私もそうなんですけどw 

でも、金本に関してはそういう世界を生きてるんだからその傾向が強いんでしょうね。もし強者に歯向かおうものなら潰されてしまう。もし弱者に弱気で接しようものなら舐められてしまう。なんだかんだ金本はそういう世界を生き抜いてきたわけだしやり手なのかもしれません。

でも警察から言わせると半端者のガキなんだそうです。そう言われるとそうですよね。今までは曽我部の視点から描かれていたので金本はやたらと強そうに見えました。でも冷静に考えると金本はヤクザではないし、大きい反グレの組織に属しているわけではありません。

反グレであるのは間違いないんでしょうけど、金本を頂点とした小さな組織です。警察からしたら間違いなく小物です。んで、金本も金本で取り調べにビビってるし、やっぱり小物じゃんw 

でも、そんな小物に支配されているのが曽我部なんだから、一層悲しくなってしまいます。

スポンサーリンク

黙っていれば大丈夫

勾留期間20日って長いよなぁと思って調べたら、アメリカは勾留期間が48時間なんだそうです。いや、日本めっちゃ長い! そりゃ海外から司法制度について批判されますわな。

でもまぁ金本はクソ野郎なんで、そういう意味では20日間も勾留されるのは素晴らしいですね。徹底的にイジメられたらいいんですよ。

でも、悲しいことに完全黙秘していれば釈放されると九条は言いました。まぁ証拠を考えるとそうなりますよね。となると、売買のやり取りをしたメッセージの履歴があると良いんですけど、そこはスマホのパスコードを喋らなければバレないんだそうです。

そこらへん詳しくは分からないんですけど、犯罪者は基本的にテレグラムなどの暗号化されたアプリでやり取りすると言われています。でも九条はlineだと言ってました。

lineもテレグラムと同じ暗号化をしているらしんですけど犯罪者が使っているイメージはありません。それにlineの捜査機関への対応を見ましたが、そこにも暗号化したメッセージは見られないから開示しないと書かれていました。だからlineでも大丈夫なのかなぁと思いつつ、でも個人的にはそこから金本を逮捕してほしいんですけどね。

タイトルとURLをコピーしました