九龍ジェネリックロマンス 5話 感想(ネタバレ注意)エロ漫画かな?

ドラマ

元からエロいところはありました。鯨井は基本的にぴっちりとした服装を好んで着ていました。それだけならまぁって感じなんですけど、鯨井自身の胸が大きく服装により強調されていました。それがとてもエッチだったわけですよ! 

こんな鯨井と一緒にいて、冷静でいられる工藤が不思議です。

しかし今までの鯨井は普通でした。私たちからしたらちょっと変わった服装ですが、世界観的には普通でした。だからエロくはあるけどそのことをとやかく言うのはナンセンスです。

でも、今回のはヤバいでしょ。ノースリーブのシャツを胸元で縛っているうえにショーパン。確かに熱気がヤバいところで作業をするならこれが最適なのは分かります。まさか袖が長い服でやる訳にはいきません。死んでしまいます。

けど、それはそれとしてこんな姿で汗びしょびしょだとエロすぎるんですよね。しかも中盤の「はぁ~…」はエロ漫画でしょw

本当に冷静でいられる工藤が不思議です。

5話の大まかなあらすじ
  • 昼飯を共に食べていた鯨井と工藤
  • そんなとき工藤が部屋の不具合を直しているという話になった
  • そして西陽楼の二〇五號室の壁を塗り替えないといけないという話に発展した
  • 誰がやるか悩んでいたとき鯨井が自分でやると言い出した
  • いざ壁を塗り替えると地獄のような暑さに苦しめられることになった
  • なんとか我慢しながらやっていたものの限界を迎え倒れそうになった
  • そこに現れて鯨井を支えてくれたのが工藤だった
  • そして鯨井は工藤に恋してることを自覚した
スポンサーリンク

工藤直したんだね

前回の感想に工藤は老人たちの頼みを無視するんじゃないかと書きました。絶対にやらんでしょ、みたいな。でも、誰だってそう思うじゃないですか。部屋の不具合なんて業者に頼めばいいことで、知り合いだからと言って安請け合いするのは良くないよね。と思ったんですけど、工藤はドアの不具合を直していました。工藤は言いました。九龍はどこも古いから不具合のたびに業者を読んでいたら出費がかさむ、と。それはそうなんですよね。

でもどうして工藤がやるんだと思ったら、すっかり忘れていました。工藤は不動産に勤務しているんでした。大家に迷惑をかけず多くの不具合を直すなら不動産の人間がやるのが一番なんですね。

でも、そうなると人手が足りないんじゃないかと思うんですけどどうなんでしょうか。今のところあの不動産では3人しか見かけていません。基本的には事務仕事をしているようですが、そのうえ工事となると大変そうだなぁ…。

そりゃ現実の九龍は取り壊されますよね。どこもかしこも古いうえに違法建築ときています。放っておけば崩壊して多くの人が死ぬでしょうし。良いこともあるんでしょうけど悪いことのほうが上回っているのは間違いありません。

となると、どうしてこの世界の九龍は残っているんでしょうね。不思議です。

スポンサーリンク

南橙街の騒音騒ぎはいずこへ?

これも前回の感想に書いたことですが、南橙街の騒音騒ぎどうなったんでしょうね。たぶん次回か次々回には何かしら進展があるんじゃないかと思ったんですけど…。とはいえ、あの流れだと次回だと思うじゃないですか。工藤は仕事に復帰したし、その工藤が情報を仕入れた。となると、次回解決!みたいな。

けど、工藤はまるでそのことは忘れたかのように振舞っています。もちろん忘れているとは思っていません。優先順位が高い仕事をしているだけです。

となると次回ですかね? 

今度こそ次回であってほしい! 

別に南橙街の騒音騒ぎにはそこまで興味がないんですけど、ここまで引っ張るネタとは思えないんですよね。にもかかわらず5話を過ぎたとなると、何かしら物語を進展させるような展開があるんじゃないかと期待してしまいます。

スポンサーリンク

西日がヤバい部屋

二〇五號室は半年も人が入っていないんだそう。理由は西日のうえにエアコンなし。いやいや、こんなん誰も住まないでしょ。

まず西日というだけでも厳しいです。ようは午後あたりから部屋に日が入るわけで、冬なら良いんですけど夏は地獄のような暑さになってしまいます。

とは言え、エアコンとカーテンがあれば妥協はできるでしょう。しかし、二〇五號室にはエアコンはなく扇風機しかないんだそうです。

香港の気温を調べたところ日本と変わりませんでしたし、湿度もそこまで違いはありません。ということは、今の日本と同じくらいの暑さで、エアコンなし西日ガンガンの部屋に住まないといけないというわけです。こんなん絶対に死ぬでしょ。殺人部屋と言っても過言ではありません。

壁でも塗り替えれば見栄えが良くなるとは言いますけど、本当に見栄えが良くなるだけで暑さは変わらないですからね。よっぽど住むところに困っているとかでないかぎり住もうと思う人はいないんじゃないかなぁ。

スポンサーリンク

むしろ今まで自分の気持ちに気づていなかったのかと驚きです。眼鏡をかけた鯨井のほうが好きと言われたら眼鏡をかけるし、顔を近づけられてキスされるんじゃないかと身構えてたし。ここまでくれば自分の気持ちに気づいていそうですが、ひょっとして鯨井は恋愛経験が少ないんでしょうか。

でも、遅かろうと自分の気持ちに気づいた以上、今までの振る舞いをするのは難しいですよね。どうしても意識してしまって、自分でも今までの振る舞いができているのか不安になってしまいます。

とかなんとか語っておいてなんですけど、わたくし初恋すらありませんので本当にそうなるのかは知りませんw 20代にもなって異性を好きになったことすらないってどうなんですかね。

ところで、鯨井は自分の気持ちを自覚しましたが、一方の工藤はどうなんでしょうか。映画館では鯨井のことを想像していたし、翌日出社したときちょっとだけ頬を赤らめていました。気はあると思うんですけど、今のところ好きかどうかは分からないんですよね。

てか、上のほうでも触れましたが、映画館で鯨井を想像しておいてこれだけエロい格好をした彼女に反応しないってどういうことなんだ。マジで冷静なんてもんじゃないでしょ。化物だね。

タイトルとURLをコピーしました