九龍ジェネリックロマンス 32話 感想(ネタバレ注意)意識してるじゃん

ドラマ

工藤さん、めっちゃ鯨井のこと意識してるよね。

蛇沼が不動産に訪れた際、鯨井は不覚にも蛇沼にキスされてしまいました。蛇沼は鯨井のことが好きだからキスをしたのではありません。なにかを確かめたかったからです。しかし、それは蛇沼にしか分からないことで、鯨井や工藤にとっては混乱を招くだけでした。

衝撃的な出来事だったので覚えているのは不思議ではありません。でも、今の鯨井はそこまで意識していないように見えました。工藤と蛇沼の話になった際に工藤がそのことを言って反応したくらいですから。

逆に工藤はよく覚えている様子でした。しかも嫌がらせのように、わざわざ「お前がアイツにキスされた日な」と言うくらいです。もうさ、工藤は鯨井のことめちゃくちゃ意識してますよね。じゃないと、いくら工藤がデリカシーがないとはいえ、わざわざこんなことは言わないでしょう。

ようは嫉妬であり、工藤の気づいて欲しいという無意識の合図でもあります。良い年した男のやることじゃねーよなとは思うんですけど、どれだけオッサンになっても素直になれない人間は素直になれないものです。なんなら年を取れば取るほど考えが凝り固まって手に負えなくなることもあります。工藤の場合はまだそこまで行っていないけど自分の考えは曲げたがらないですよね。

ちなみに、工藤が鯨井を意識しているという根拠は、鯨井が輝いて見える点です。好きな人のことはどうしても頭に残ってしまうし、そうなるとひと際目立って見えます。だったら、輝いて見えてもおかしくありません。とは思いつつ、本当に輝いてたらどうしようw 

クローンだか記憶喪失だか知らないけど、鯨井には本人も知らない色々な秘密があるし本当に輝いてもおかしくはありません。

32話の大まかなあらすじ
  • 小黒の引っ越し祝いに誘う鯨井だったが工藤は断ってしまった
  • しかし鯨井が小黒のもとへ向かったところ工藤がいた
  • どうやら小黒に無理やり連れてこられたらしい
  • パーティーが終わり鯨井と工藤はゴミ捨てに向かうのだが…
スポンサーリンク

看板デカすぎ!

何時もの屋上にやってきた工藤は、蛇沼総合メディカル中心の看板をみてうんざりしていました。最初は大きいなぁと何となく思っていたんですけど、これよくよく見るとデカすぎですよね。結構遠くにあると思うんですけど、普通に看板の小さな文字が見えるくらいの大きさでした。

宣伝と考えると確かに的確な大きさなんだろうけど、かなり邪魔に見えてしまいます。九龍に景観もクソもありませんが、それでも九龍に懐かしさを求めるような人たちからは反感を招きそうです。

工藤の場合は理由は不明ですが元から蛇沼が嫌いなのと、この前のキス事件によりもっと嫌いになったから腹立たしいって感じですね。

スポンサーリンク

行かねーよ

鯨井が工藤をパーティーに誘うも、工藤は行かねーよと一蹴しました。

工藤は元々パーティーに来るようなタイプには見えなかったし、ここ最近の鯨井との関係を考えると余計に行くようには見えませんでした。だから、工藤が行かないといった事には意外性もなにもなく納得したんですけど、これが振りだとは思わなかった!w 

次のページには普通に工藤がいるしカンパーイだなんて言っていて、鯨井のツッコミはかなりの鋭さでした。工藤曰く小黒に無理やり連れてこられたらしく、まぁ確かに不本意そうな態度ではありました。でも、そこで不貞腐れたりしないのが大人である。

とか言いつつ、本当は工藤も来たかっただけなんじゃないのと思わんでもありません。鯨井との関係が気まずいとはいえ、今までの流れを見れば工藤が鯨井のことを意識しているのは明白です。むしろ、小黒に無理やり連れて来られたほうが都合が良かったんじゃないかな。言い訳にできるし。

スポンサーリンク

楊明バチバチ

鯨井はあまり工藤のアレコレは気にしていませんでした。覚悟ができたからですかね。でも、友人の陽明は工藤に怒っていました。本人は気にしていないのに楊明が怒るって面白いですよね。

でも、よくよく考えると楊明は工藤とは交流がなかったわけで、工藤がクソ野郎というイメージができていてもおかしくありません。鯨井はアレからも工藤と職場で毎日のように会っているし何だかんだ会話もしていますからね。だから工藤への印象が鯨井と楊明で異なるのは当然なのかもしれません。

スポンサーリンク

ジェネテラって何だっけ?

すっかり存在を忘れていたジェネリック地球ことジェネテラ。めちゃくちゃSFっぽい存在であり、鯨井の件に関わっていそうなんですけどなんの音沙汰もなくて、マジで何なんだろうって感じの空飛ぶ建造物です。いや、本当にジェネテラって何なんでしょうね。

これ自体は1話からあって、簡単に説明があったのが2話のときでした。でも、その説明は本当に簡単なもので「人類の新天地となるジェネリック地球」とだけです。これだけじゃ意味が分からないでしょ、とは思ったんですけど、あれから誰も触れないからすっかりと忘れてしまっていました。

しかし、工藤により再びジェネテラへスポットライトが当たることになりました。だからこそこうして書いているんですけど、ジェネテラって結局のところどういう建造物なんでしょうね。

新天地ってことは人類の移住地ってことなんでしょうけど、どうして移住する必要があるの?という疑問があるし、そもそもどうやって作ってるの?といった謎があります。

でも、そういったことは本当に語られないからスルーするしかないんですよね。しかし、あるってことは何かしら物語に関わっているんだろうし、今後の展開に期待ですかね。

タイトルとURLをコピーしました