神無き世界のカミサマ活動 3話 感想(ネタバレ)リスクある願いが今後どのように影響してくるのか

ファンタジー

ミタマの力を証明するためにアルラルに何かを願えと言った結果、ミタマの力により何処かへと姿を消した兵士たちを戻すことになりました。

確かにこれはミタマの力を証明するなら確実な方法でしょう。なにせミタマの力で消した兵士を、ふたたびミタマが力を使うことで呼び戻すんですから。

でも、当然ながら皇国の兵士を戻すのはリスクがあります。彼らはカクリを死ぬほど嫌っていました。憎悪していると言っても良いのかもしれません。それくらい皇帝の命令は絶対ということなんでしょう。

そんな絶対的な皇帝を妄信しているのが今回戻そうとしている兵士たちです。どうなるかは目に見えています。彼らはあのようなことをしたミタマの許さないだろうし、そうなればわざわざ敵を増やすだけです。

ただでさえ人手も武器もなくて辛いのに、さらに敵を増やしてどうするんだって話です。しかし、ミタマは自分の力を誇示したいし、アルラルも元に戻してほしいと願っている。こうなると誰にも止められません。それこそ征人が忠告してもミタマは言うことを聞かないでしょうね。なにせ自分の信者が増えて力をちょっとだけ取り戻したのでテンションがぶち上っていますから。

とまぁそんなわけで皇国の兵士含め、ベルトランという明らかにヤバそうな奴も戻ってきました。戻ってはきたんですけど何やら様子がおかしい…。

というところで今回は終了してしまいました。なんというところで終わってしまうんだ!という思いはありますが、俄然次回が楽しみになりました。どうなるんだろうな~。

3話の大まかなあらすじ
  • ロイはミタマのことを好いているためあっさりと信者が一人増えることになった
  • 信者一人ではどうしようもないため更に信者を増やすため征人は様々な作戦を実行した
  • しかし信者を増やすのはとても難しく、結果的にあれだけの信者を抱えた教祖を尊敬せざるを得なかった
  • 幸いなことにアルラルとシルリルはミタマに救われたことを自覚しており、彼女たちが信者になることでミタマの力がわずかに戻ってきたのであった
スポンサーリンク

ロイの妄想

開幕早々とんでもないことが繰り広げられていました。ブリッジをしている上にミタマが座るというものです。しかも、ミタマはやたらと挑発的でいかにもな感じでした。

まぁミタマはこういうことをやってもおかしくないよなぁと思いつつ、でも実際にやっていたところは見たことがないしどういうことなんだろうと思っていたら、案の定ロイの妄想だったと。

これまたいかにもって感じですね。

ロイと言えば初登場のときは比較的まともに見えました。まぁマジで真面という訳でなく、あくまでもエロ本ごときに一喜一憂するという小学生っぽさがある、みたいな。ようは性の部分では未熟だったんですけど、それがわずか3話でここまでのことを妄想するようになりました。

一体なにがあったと思うんですけど、これは多分あれですよね。ミタマというロイの理想の人物に出会えたことで、ロイの中で燻っていたエロが爆発したんだと思います。

人間ってちょっとしたきっかけで一変しますからね。まぁロイの場合は悪い方向で変わってしまいました。このロリコンが!

それにしても今回も表情の描き方が冴えわたっていますね。そのうえでぶひぃぃッ!はかなりヤバいですけどw

スポンサーリンク

アルラルの楽しい日常

アルラルの認知としては、村の人たちは気さくで良い人。でも、実際はシルリルのお陰ってのが中々に悲しい展開でした。

まぁ実際のところ村の人たちは良い人なんでしょうけどね。ただ中にはスケベなやつがいるってだけ。人間ってそんなものです。

この村の規模がどれくらいなのか分かりませんが、それなりにいるとすれば一人くらいは度が過ぎた人間がいてもおかしくありません。そう考えるとちょっぴり怖いような気がしますが、カクリというものを考えると行き場を失うような行為は命取りになりかねません。

だから、流石にそこまでのことをするような人はいないだろうなぁと思いつつ、でもしれっと女の子の尻を触ろうとする輩はいるんだよなぁ。

それにしてもその輩はそれなりに屈強そうに見えましたが、シルリルは当たり前のように顔面を鷲掴みにしていました。どんな力してんだよとは思うけど、1話の悲惨な末路を考えると兵士をどうこうする力があるわけではないということが分かります。気をつけないとね。

スポンサーリンク

信者を増やすことの難しさ

演説も駄目、占いも駄目、可愛さアピールも駄目。こうなると教祖がいかに凄かったかが分かります。でも、教祖を凄いというのは抵抗感があるよねw 

そういう意味では詐欺師も凄いのかもしれません。

しかし悲しいかな、教祖のもとで育った征人は凡人でした。異世界で何かをやる度胸はあるものの、口が達者という訳でも何かをする特別な力があるわけでもありません。だから、ことごとく失敗してしまいます。

最近オンラインサロンが良くも悪くも話題になりますが、ああいったことで成功している人たちはおそらく征人の立場になっても成功するんでしょうね。むしろ、信者を増やすということに関しては超得意な分野だと思います。そう考えるとめっちゃ天職ですね。

これがもしミタマに力があれば話は変ってくるんでしょうけど、信者がいないことにはどうしようもありません。最後に最後でアルラルとシルリルが信者になってくれましたが、彼女たちはミタマの力を知っているからこそです。あと征人に対する好意もあります。そういったことを知らない人たちを征人が信者にするには本当に難しそうです。どうなることやら。

タイトルとURLをコピーしました