怪獣8号 5話 感想(ネタバレ注意)カフカ超ピンチ!

SF

いや、これマジでどうなるんだ…。カフカが防衛隊のスーツをそれなりに着こなせているのならそこまでの心配はいりません。防衛隊のスートがどれほどのものなのかは今のところ明らかになっていませんが、命がけで戦っている防衛隊が着るんだから性能は保証されています。

それにこの手のスーツってある程度防御能力もあると思うんですよね。だから、カフカがスーツを着こなせているなら怪獣の一撃くらい何とかなると思っていました。

しかし、カフカはまさかの0%。着こなせるかどうかの次元の話ではなく、そもそも着てる意味がないレベルです。今まで0%の人はいなかったし、むしろ防衛隊の人たちからすればどうやって0%を出しているのか気になるところですよね。なんならそういう意味で防衛隊に関われるかもしれません。研究対象だけどw

話が逸れたので戻すと、カフカは全然スーツを着こなせていないわけですよ。ようは一般人です。一般人が怪獣の一撃を貰えばどうなるんでしょうか。

これも想像でしかないですけど、とんでもない威力だろうし死んでもおかしくありません。それに最後のシーンを見れば分かるように、カフカの体が衝撃で曲がってるんですよね。

これ明らかに背骨逝ってるでしょ。それだけでなく臓器もかなりのダメージを受けていてもおかしくありません。仮に即死じゃなくても早く治療しなければどうなるか分からないし、治ったとしても何らかの後遺症が残ってもおかしくありません。

ただ、メタい話をすると、もしそうなるとマジで今後の展開に困ると思うんですよね。だから、何だかんだ傷は負ってるけどそこまでのことではない、といった感じになるんじゃないかと思っています。

だって、本当に私の予想通りならシールドが発動して試験は失格ということになりますよね。まぁそれでも様々な展開を広げることができるだろうし、なんならそっちのほうが見てみたいんですけど、怪獣8号って結構王道なところがあるのでそういう展開にはならないんじゃないかと思っています。

5話の大まかなあらすじ
  • 受験者は怪獣討伐のために防衛隊のスーツを着ることになった
  • スーツには解放戦力というものがあるのだが、カフカは前例のない0%だった
  • クヨクヨしていても仕方がないと自分に喝を入れるカフカだったが、怪獣の一撃を食らうのであった
スポンサーリンク

防衛隊のスーツ

怪獣討伐が試験として、どうやって戦うんだろうという疑問がありました。

普通に考えれば武器は支給されるはずですが、まさか支給されないなんてことはないだろうなぁ、なんて思ってたんですけどそれは流石になかったですね。それどころか怪獣討伐のときに防衛隊が着るようなスーツまで支給されました。

技術面で見ればまだまだ未熟ですが、武装に関しては本物の防衛隊です。当然不慣れなところもあり満足には戦えないでしょうけど、それでもここで怪獣討伐を成し遂げなければ防衛隊になるのは厳しいですよね。試験という意味では間違いなく落ちるだろうし、仮に受かったとしても今後には期待できません。だからみんな頑張れ~なんて思ってたら、解放戦力測定でクソ笑いました。

スポンサーリンク

解放戦力測定

解放戦力とは、スーツの力をどれだけ引き出せているかの指標です。そのため測定した場合はその人の現在の実力がある程度分かるということになります。なんというワクワク展開。

どうやって解放戦力を測定しているのか、そもそもスーツの力ってなんやねん、みたいな疑問はあるけどここで一発ぶちかますのが主人公です。

というのも、防衛隊のスーツを纏った際に「怪獣筋肉繊維」というキーワードが出てきました。怪獣筋肉繊維ということは、怪獣の筋肉を用いたスーツというわけです。

そしてカフカは怪獣じゃないですか。だから、これはカフカが解放戦力100%を叩きだす展開だろうなぁとワクワクしていたらまさかの0%。こんなん笑うでしょ。

怪獣なのに怪獣を用いたスーツへの適応能力が皆無ってどういうことなのw とは思ったんですけど、よくよく考えるとカフカは怪獣なわけですし、適応する必要がないんですよね。

人間であるときもそうなのかという疑問はありますけど、怪獣になった以上は根本的に怪獣なんじゃないかと思っています。だから、カフカの解放戦力が0%でもそこまでおかしなことではないですよね。まぁそのことを知らない人たちからすれば、カフカはとんでもない無能ということになりますがw

スポンサーリンク

キコルは分かっている

キコルはカフカを馬鹿にしながらも、カフカの力は認めてるんですよね。

キコルが車を持ち上げたときはスーツを着ていました。しかし、カフカが車をちょっとだけ持ち上げたときは何も着ていませんでした。単純にカフカは怪獣の力を使っただけなんですけど、キコルはそんなこと知らないですし何より力は力ですよね。

あれだけの馬鹿力を発揮したカフカが無能なはずがないと思うのは当然です。でも、表面上はカフカの事を馬鹿にしながらも内心では認めてるって良いですよね。

まだ5話ですけど怪獣8号の登場人物は性格の良い人ばかりですね。

副隊長は見た目は胡散臭いですけどカフカの事を笑いながらもそんなに馬鹿にしてるって感じではなかったですし、他の受験生たちも同様です。他の漫画だと試験のときにやたらと厭味ったらしい奴が一人はいるんですけど。私はこういうの好きですね。

タイトルとURLをコピーしました