怪獣8号 19話 感想(ネタバレ注意)カフカがついに保科副隊長と衝突か!?

SF

おそらくほとんどの人がこの展開を予想していたと思います。

まず人型怪獣なんていう逸材をすぐに殺すとは思えませんでした。人の言葉を喋ることができるし、知能だって人間と変わらない。カフカのライバルになりえる存在です。だから、はじめはカフカと互角なんだろうと思っていたら、前回ボコボコにしてたじゃないですか。これあっさりと倒すパターンかとビックリしました。でも最後に防衛隊員が現れたことで、人型怪獣は逃げるだろうと確信しました。

ライバルよりも劣るから努力して強くなるってのはどちらかといえば主人公のやることですが、稀に敵側がやることもあります。人型怪獣はそのパターンだと思っています。

次に保科副隊長と戦う展開ですが、これもある程度予想できるものでした。まず防衛隊員が人型怪獣の近くまで現れたということは、結界のようなものが崩壊しているということです。その時点で保科副隊長が近くまでやってきているのは確定ですよね。

そしてカフカとしては味方と戦う必要が皆無のため逃げる。キコルレベルならどうなったか分かりませんが、一般的な防衛隊員から逃げるのは簡単なことです。こうなると後を追ってくるのは保科かミナのどちらかです。

いきなりミナと怪獣カフカが邂逅するというのもありですが、思い出したいのは保科が小型怪獣を得意としていること。あれが恐らくフラグだったんでしょうね。そんなわけでカフカの前に現れたのは保科副隊長でした。

ここまでは予想通りだったとはいえ、これからはサッパリと予想できません。案外保科がカフカをあっさりと捕らえるかもしれませんし苦戦するかもしれません。苦戦をすればミナが現れることになるし…。かといってカフカが逃げられるかと言うとそれもまた微妙です。

いやー、そう考えると保科副隊長は過去最大の敵なのかもしれません。いや別に敵ではないんだけどねw

19話の大まかなあらすじ
  • カフカの前に防衛隊員が現れカフカに隙が生まれた
  • 人型怪獣はその隙をつき逃げてしまう
  • カフカもその場にとどまる必要はなく逃げた
  • 人目のつかないところにやってきたカフカだったが背後には保科がいた
  • そしてカフカは保科に攻撃されるのであった
スポンサーリンク

カフカは保科に勝てるのか?

人型怪獣にやったような力を出せばカフカは保科に勝てるはずです。なにせ人型怪獣は保科やミナでなければ単独では倒せないような怪獣を復活させました。それだけの力があるということは少なくともミナや保科では人型怪獣には勝てないはず。

これはあくまでも単独ではの話で、例えば保科が隊を引き連れてくれば人型怪獣にも勝てると思っています。そんな人型怪獣をカフカは赤子の手をひねるかのように叩き潰してしまいました。そんなカフカであれば本気で保科と戦った場合は勝利できるはずです。

でも、カフカは保科と戦う気はありません。保科がカフカのことをどう思っているかは分かりませんが、カフカからすれば保科は味方ですからね。そんな人と戦って、もし殺してしまおうものなら後悔どころではありません。絶望でしょうね。

だから、どうしても手加減をしなければなりません。そんな中でカフカが保科に勝利できるかと言うと微妙と言わざるを得ません。いやいや、カフカが本気を出さなくても何とかなるでしょとは思わんでもありません。でも、今回のカフカと保科の戦いを見るに、カフカが手加減をすれば負ける、カフカが本気を出せば勝てるという風に見えました。

というのも、保科がカフカと戦った際はリミッターが付いていました。にもかかわらず、カフカが反応できない速度で斬りつけてきたのです。結局カフカが硬くて傷を負うことはありませんでした。しかし逆にいえば、リミッターを解除すれば今回の攻撃でカフカを殺せたかもしれないという訳です。

そのため仮にカフカが警戒していても本気を出さなければ負けてしまうと思うんですよね。そう考えるとこの状況がいかに厳しいかが分かります。まぁあくまでも私の予想なので、もしかしたら保科があっさりと勝つかもしれないし、カフカがあっさりと勝つかもしれません。そこらへんどうなるのか次回も楽しみですね。

スポンサーリンク

保科は怪獣8号がカフカだと分かっている?

今回の件で保科はカフカが怪獣8号だと確信したでしょうね。元々試験会場に怪獣8号が現れたとき、カフカのバイタルが不自然に消失したことから保科は疑っていました。オモシロ枠としてとは言いつつ、本当はカフカを監視するために候補生として合格させたわけですから。

そして今回、カフカは普通の屋上で怪獣になりました。もし人型怪獣の結界のようなものの中で怪獣になっていたら言い訳できたかもしれませんが、キコルの隣でバイタルが消失したとなると言い訳はできないですよね。もし、ここで隠そうものならキコルもろくなことにはなりません。

そんなことを抜きにしても、元から疑っているカフカのバイタルが不自然に消失し、怪獣8号が現れたとなれば保科は確信するでしょうね。カフカこそ怪獣8号だと。

カフカのバイタルが消失したことを今の保科が知っているのかは分かりません。でも、いずれにしろ次回ではカフカなのではないかと直球で尋ねるか、鎌をかけるかもしれませんね。なんならそれがカフカの隙になって捉えられるかもしれません。流石に19話ですし、これ以降も隠し続けるというのは盛り上がりに欠けるでしょうしね。

タイトルとURLをコピーしました