この世界は不完全すぎる 3話 感想(ネタバレ注意)デバックの重要性

SF

ハガとニコラの前に現れたのは、ハガと同郷のデバッカー「隅田」と「酒井」だった。本来なら久しぶりの同郷ということもあり喜んでもおかしくないのだが、ハガはと言えばデバックモードを使用している2人に怒り狂っていた。

困惑する酒井にハガは言った。デバックモードの使用が原因で生まれるバグだってある、と。しかし、すでにデバックを止めていた酒井と隅田がハガの言葉に賛同することはなかった。こうしてクソ真面目なハガと適当な酒井・隅田の戦いが始まったのである。

スポンサーリンク

デバックは大切だね!

ゲームの中に閉じ込められたからデバックする必要がない。確かにその通りで、私は今までハガの行動が理解できずにいました。デバックを頼んだ人たちがゲームの中に閉じ込めたかもしれないのにどうして今もデバックをしているんだと本当に不思議でした。けど、今回デバックをしていたハガとデバックを止めてしまった隅田・酒井に大きな差があることが明らかになりました。

ゲームの世界ではなく現実やファンタジーの世界だったらこんなことはあり得ません。しかしゲームの中となるとバグがあちこちにあってもおかしくありません。そこを把握しているか、していないかで行動が大きく変わってきます。

もし、隅田がデバックを行っていれば落ちずに済んだし簡単にハガを捕まえることができたかもしれません。つまり、デバックをやるならちゃんとしようね、ってことです。デバックの大切さがよく分かりました。

ところで、落ちてしまった隅田はどうなるんでしょうね。おそらく酒井が言ったように永遠に落ち続けることになるんだと思います。けど、その永遠は本当に永遠なんでしょうか。

例えば現実だと栄養補給や水分補給をしなければ死んでしまいます。しかし、ここはゲームの世界。具体的な描写がないので今のところ分かりませんが、もしかしたら栄養補給も水分補給も不要なのかもしれません。

そうなると本当に永遠に落ち続けることになるわけで…。

怖すぎw

スポンサーリンク

仲間生きとるんかい

3話でもっとも衝撃的なことは何かと聞かれれば間違いなくこれです。ハガと共にデバックを始めた仲間たち。今は1人で旅をしていると、1話のときに深刻な表情で答えていました。あんな顔を見ると死んだと思うじゃないですか。

ゲームの中に閉じ込める作品を見ると、ゲーム内での死が現実での死になってますし。ただ、これってよくよく考えると固定観念なんですよね。

そもそもの話をすると、この世界は不完全すぎるはデスゲームというわけではありません。状況はよく似ていますが、あくまでもゲームの中に閉じ込められているだけです。

ゲーム内で死んだショックで現実でも死ぬというわけではありません。現実の肉体に危害を加えることで殺害しているだけです。つまり、ゲーム内に閉じ込めた人たちが狂人でもないかぎりゲーム内での死が現実の死になるわけではないということです。

そう考えるとゲーム内に人を閉じ込めて殺す理由がないわけで、まぁ死ぬことはないですよね。とか言いつつ、本当はゲーム内での死が現実での死かもしれませんがw 

というわけで、ハガの仲間は今も生きていました。

では、どうしてハガだけ今もデバックをしているのか。仲間はどうしてハガと共に行動していないのか。色々と謎があります。

スポンサーリンク

ゲーム世界のほうが住みやすいよね

現実よりもゲームの世界のほうが住みやすいのはガチ。結局ゲーム内でどれだけのことができて、どこまで求められるかで変わってくるんですけど、私たちが想像するようなゲームの世界なら絶対に現実よりも楽しいですよね。

まず死なない。正確には死んだとしても復活できる。もうこれだけで最高でしょ。死ぬのは誰だって怖いものです、多分。

次に病気がない。まったくないことはないんでしょうけど、不治の病みたいなものはなくてせいぜい薬で治せる程度の病気しかないんじゃないかと考えています。これも最高ですね。病気になりたい人間なんていません。なりたくないから自制するわけです。しかし、病気がないなら好きな物を食べて飲んでができます。個人的には虫歯にならないってのが最高です。

対して現実は死ぬし病気になるしお金を稼ぐために働かなければなりません。ストレスばかり。こんな生活を望む人なんて、それこそ自分がやりたいことができている人くらいです。

ただ、おかしなことにハガはそういう2人を拒否しました。考えんことはないんでしょうけど、基本的にクソ真面目だからなんでしょうね。

あとニコラというNPCと共に行動しているあたり、NPCを不当に扱う人が嫌いなのかも。酒井はヴァンパイアを痛めつけているし、隅田は女体ベッドなんてことをしている。良識ある人間なら嫌悪してもおかしくありません。

とはいえ、現実に帰れないならどうしようもないですよね。ハガはそこらへんどう折り合い付けているんでしょうか。

スポンサーリンク

デバッカー狩りとは

最近はデバッガー狩りも少なくなったから いいヒマつぶしになる、と酒井は言いました。これ謎なのがデバッカー狩りなんてしてメリットがあるのという疑問。

デバッカーはバグを取り除くために行動しています。バグって厄介で、進行不能なものだってあるじゃないですか。そうじゃなくても不快なものがあります。

それらを報告する人たちを排除してどうなるんですか? 

バグを把握していないと今回のようにミスをしてしまいます。そうなったらゲーム内を堪能することができません。

次にどうやってデバッカー狩りを行うのか。上のほうでゲーム内の死=現実の死ではないと言いました。だったら、排除のしようがありません。それとも現実では死なないけど、ゲーム内で死ぬと復活できなかったり行動できなかったりするんでしょうか。謎だ。

タイトルとURLをコピーしました