ダーウィン事変 2話 感想(ネタバレ)怖い終わり方だなぁ

SF

いやー、2話も面白かったんだけど、終わり方が不穏すぎますね。

ALAの黒人男性はお偉いさん、あるいはリーダーなんでしょうけど。いや、だからこそと言うべきなんですかね。なにせALAは動物解放を大義名分に爆破テロをしていますから。そんな組織の上にいる人間がまともなはずありません。そして、そのまともではない人間がルーシーに接触しました。

偶然会っただけなら大した問題ではありません。それはそれで後々恐ろしいことになりそうですが、結局のところ偶然なので今のところは安心です。

しかしALAの人間の言動を考えるとルーシーと接触したのは偶然ではないと思うんですよね。なにせチャーリーは仲間になるのかと聞かれた際に「ならざるを得なくするのさ」と答えた黒人ですから。そこらへんのことを考えると、とても偶然の出会いとは思えません。

では、意図的な出会いなら何を目的としているのでしょうか。

そこも謎なんですよね。目的のためなら手段をいとわないのは分かります。しかしチャーリーを仲間にしたいのに彼の友人を傷つけては意味がありません。確かにチャーリーは常人とは異なる考え方をしているように見えますが、常軌を逸しているようには見えないんですよね。

だから、チャーリーを仲間にしたいならルーシーを傷つけるのは悪手なはず。となると、増々ルーシーと接触した理由が分からず、不穏さが増すばかりです。本当にどうなるんだろう。続きが楽しみとはいえ先を知るのは怖いなぁ。

スポンサーリンク

過激派って

どれだけ訴えが正当なものであっても、そこに暴力が介在すると何もかもが台無しになると思うんです。今回は動物解放を主張している人たちによるテロでした。

動物解放は主張の時点でかなり過激です。保護ではなく解放なんですから。もしこれが保護であれば多くの賛同を得たことでしょう。でも、解放となると難しいうえに暴力が絡んでいるため最悪の印象になってしまいます。

そのせいで何が起こるかと言えば、作中でも描かれているように差別が生まれます。ヴィーガンへの差別、動物愛護への反発。そして、そのどちらも兼ね備え、ALAに助けられた過去があるチャーリーへの憎悪。

暴力では何も解決しないというのはありふれた言葉ではありますが、このようなことを目の当たりにすると真理なんじゃないかと思わされます。

今回チャーリーへの差別意識は言葉だけに留まりました。もちろん、言葉だからって差別して良い理由にはなりません。言葉は心を傷つけ、死に追いやることもあります。

しかし、言葉だけでは肉体に傷を負わせることはできません。だから、怖いのは直接的な暴力です。ALAが過激な行動をすればするほどチャーリーはそういう差別にさらされるリスクがあるわけです。

そして、それは近い未来。それこそ3話に起きても不思議ではありません。ルーシーのことが不安だと初めに書きましたが、そういう意味ではチャーリーのことも心配なんですよね。

この不条理をいかにして乗り越えるのか、楽しみですね。

スポンサーリンク

チャーリーは学校に行きたい

チャーリーの両親はチャーリーを学校には行かせたくなかった。まぁ当然の考えですよね。ALAのテロによりチャーリーへの差別が加速するのは間違いないし危害を加えられるかもしれない。

しかも、チャーリーも学校に行くことに乗り気ではなかった。となれば、わざわざ学校に行かせる理由がありません。しかし肝心のチャーリーが学校に行きたいと言い出しました。これには私もビックリです。

私としてはあんな環境には絶対に行きたくないんですよね。差別がどうこうの話ではなく、集団というのが無理。そこに差別が加われば、むしろそのことを理由に休むことができる。はずなんだけど、チャーリーは何故か学校に行きたがりました。

理由は定かではありませんが、今までの描写を見るにルーシーという友人ができたことが大きかったんじゃないかと思います。逆に今まで学校に行きたたがっていなかったのは友人がいなかったから。

それにしても本当にチャーリーの両親は理解がありますね。さっきも言ったようにチャーリーの登校は危険が伴うものです。そんなところへは普通ならやりたくはないでしょう。

しかし、チャーリーの両親はチャーリーの気持ちを封じることはありませんでした。こんなこと私にはできません。ただ、一方で本当にチャーリーの両親のやり方が正しいのかというと…うーん。まぁそこに関しては結果次第ですかね。

スポンサーリンク

10年前の惨劇

客観的に見ると5歳のヒューマンジーが警察7人を病院送りにした。ヤベーって感じなんですけど、じゃあチャーリーが無意味にそんなことをするかというと違うと思うんですよね。

今のチャーリーはとても思慮深い人です。行動よりも思考が先にきており、しかも暴力性は見えない。てことは、警察側がチャーリーに何かをしたと考えられます。それが何なのかは分かりません。でも、ろくでもないことなんだろうなぁ。

そう思う一方で、警察が何をしたであれチャーリーがやったことに変わりはありません。武装した警察7人を、おそらく無傷で制圧するというのは恐ろしい事実です。

そのことを警察が公表すればチャーリーを排除しようとする勢力が生まれてしまいます。好意的に見ると事件を隠ぺいした理由はそんなところなんじゃないかと思うんですけど、どうなんでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました