THISコミュニケーション 8話 感想(ネタバレ注意)ハントレスが強くなればデルウハの脅威になるの皮肉だよな

SF

にこは感情を制御し、いつかは物事を正確に見るようになり、いちこは自分で考えるようになって、みちは人と関わるようになって、そんなハントレスをむつが引っ張った時デルウハの本性に気づくと言ったのがよみでした。つまり、ハントレスがまともな軍隊となった時がデルウハの命日となるわけです。

これすごい皮肉ですよね。

デルウハは食料のために研究所と契約しました。そして、研究所を守るためにはハントレスの力が必要となります。正確には統率のとれたハントレスの力です。

しかし、今のハントレスは子供ばかりで自分のやりたいことをやっている。確かにそれでも戦力にはなっているけど、デルウハが満足するレベルではありません。だから、デルウハはハントレスを満足できるレベルに押し上げるため調教を始めました。

その方法が都合の悪い記憶を消去する殺害というものです。やり方はどう考えてもヤバいんですけど、ヤバいからこそなのか着実に成果が出ています。一番の厄介者であったよみもデルウハの言うことを聞くようになりました。間違いなく完成に近づきつつあります。

だからこそ、今回の出来事が起きたんだと思います。

かつてのハントレスなら仲良くサプライズなんてありえませんでした。しかし、デルウハのお陰で皆が協力して一つのことをやり遂げようとしたのです。

今回はデルウハの勝ちでしたが今後もこういうことは起こるだろうし、何よりよみが言ったようにハントレスが成長すればするほどデルウハに疑惑の目を向けるようになります。

すでにデルウハの本性に勘づいているむつがいるんだから本当に時間の問題です。その時こそデルウハの終わりなんじゃないかと思いつつ、今回の出来事を見ると案外何とかするんじゃないかという期待もあります。それこそ対話による和解とかね。

まぁそこはどうなるか分かりませんが、今回の出来事により更に今後が楽しみになりました。

8話の大まかなあらすじ
  • デルウハはよみを殺害しようとして、その様子をハントレスたちに目撃されてしまった
  • ハントレスに攻撃されるデルウハだったが、偶然にもやってきた所長を囮にすることで逃げることに成功した
  • ハントレスを殺害するための準備を整えたデルウハは、計画通りに次々とハントレスを殺害した
  • そして残ったのはよみだけとなり、デルウハは精神攻撃を行うことで油断させ殺害するのであった
スポンサーリンク

ハントレスが隠れていた場所

当然といえば当然ですけど、デルウハは事前に人がいないかを確認したうえでよみの殺害に踏み切りました。でも前回の感想にも書いたんですけど便利な結界なんてものがない以上、完璧な殺害現場を作り出すことはできません。

しかも今回の目撃者はハントレスです。その力は常人を遥かに超えたものでした。まさかハントレスが床の下に隠れていたとは思わないでしょう。しかも、床下に行くための入り口があるのではなく、分厚い床を腕力で開閉しているんだからどうしようもありません。

仮にデルウハがハントレスはこんなことが可能だと分かっていたとしても、この状況ではハントレスの存在に気づくことはなかったでしょうね。

それは結局のところハントレスの仲間意識に対する先入観があったからです。でも、何度も言うようにデルウハの尽力により改善されつつあります。

こうしてみるとやっぱり皮肉なもので、デルウハ自身が自分を追い込んでいるんですよね。このどうしようもない感じが本当に好きなんです。

スポンサーリンク

所長は囮!?

デルウハが所長にやれと言ったとき、本当に何かがあるんじゃないかと思ってしまいました。だって、何時かはバレるわけですよ。そのときに対策がなければどうしようもありません。

そして、ハントレスを作り出すだけの知恵があるなら、何かしら細工があってもおかしくないと思うのが普通だと思います。しかし何もありませんでした。

しかも、所長は何も知らないし、何なら囮にされただけというw 

でも所長の困惑っぷりなナイスでした。もしこの状況で所長もグルだとバレれば本当にどうしようもありませんでした。ちょっとでも変な反応をしていればむつが勘づいていただろうし、所長がポンコツで良かった~。

スポンサーリンク

デルウハ対ハントレス

ハントレスは間違いなく強いんですけど、それはあくまでも腕力によるものです。そのうえハントレスの防御力は人間と変わりありません。つまり、近づきさえしなければどうってことないというわけです。

しかし、それはハントレスにも分かっていることです。とくにむつがデルウハに近い思考をしているため、その作戦は効果的のように思えました。でも、結局のところむつは未熟なんですよね。何度も実戦を繰り返してきたデルウハを上回ることは容易ではありませんでした。

デルウハはむつの裏をかくだけでなく、ハントレスの未熟な足跡をたどり次々と始末していきました。そんなデルウハに立ちはだかるのがむつでした。

これは本当に予想外でしたね。こういう役割はてっきりよみだと思ったんですけど、むつの根性と能力はデルウハが考えている以上に優れていました。

しかし、とどめの役割を担っていたよみがまだまだ未熟ということもあり、結局デルウハが勝利することで今回の戦いは終わりを迎えました。

スポンサーリンク

よみの弱さ

よみは心が弱かった。でもこれはしょうがないことですよね。どれだけ戦場慣れしていても、仲間と思っていた人物を殺せる人はそこまでいないはずです。

しかも、よみの場合はデルウハに都合の良い記憶ばかりとなっています。ある程度年を経て様々な経験を積んでいたら違ったんでしょうけど、よみは子供でありある意味ではデルウハが初めての人でした。そんな状況でデルウハを殺せるはずがありません。

だから、よみの心が弱いというのはちょっと違うような気がします。それでも何時かはデルウハの本性に気づいて、殺してやると宣言したの良いですよね。こういうのグッときます。

今回デルウハのことを考えれば想定通りの展開だったんでしょうけど、過去一の面白さだったように思いました。

タイトルとURLをコピーしました