夏目アラタの結婚 1話 感想(ネタバレ注意)どういう物語になるんだろう

ドラマ

夏目アラタの結婚は割と前から知っていました。最近漫画を読むのにハマっていて、オススメの漫画を探していたところ夏目アラタの結婚が面白いという評判を見かけたからです。んで、ちょろっと読んだら絵も上手いし実績のある漫画家だしで文句なしでした。

ただ、それでもすぐに読まなかったのは他にも読んでいる漫画があったからです。こうして感想ブログを書いているとどうしても読んだ漫画の感想を書きたくなり、漫画が読めなくなるという意味不明なことに陥りがちなんですよね。

そんなこんなで今まで夏目アラタの結婚に手を出せずにいたんですけど、ついに1話目を読むことに成功しました。という訳で、1話の感想を書いていきます。

犯罪者に会いに行く←分かる
犯罪者を呼び止めるために結婚を申し出る←⁉⁉⁉⁉⁉⁉⁉⁉⁉⁉

いや意味が分からないでしょw

夏目アラタの結婚というタイトルなんだから結婚が題材になるのは分かります。しかし、初対面の犯罪者と結婚しようというのは衝撃的な展開すぎます。

もちろん、アラタとしては品川を引き留めるための方便でしかありません。でも、タイトルの結婚という言葉から本当にそういう展開になるということですよね? 

どういう物語なんだ…。まさかここからラブコメをするとは思えないし、かといって品川が外に出るとも思えません。獄中婚というのは面白い題材ですけど、絵ずら的に漫画には向いていません。そうなると本当にどういう物語になるのか想像すらできません。

だからこそ、今後が楽しみなんですよね。

1話の大まかなあらすじ
  • 児童相談所の職員として山下家にやってきていた
  • 山下家の父親はバラバラ殺人の被害者で、その息子である卓斗に会いにきたのだ
  • 卓斗に話を聞くとどうやら父親の首の在りかを知りたいらしく、殺人犯と文通をしていたのだと言う
  • しかも文通するときにアラタの名前を使用しており犯人が会いたいと言い出したのだ
  • そこでアラタは卓斗の頼みを受け、殺人犯に会いに行くことにした
  • そしてついに面会日となったのだが、そこに現れたのは太った女性ではなく…
スポンサーリンク

アラタとクソガキ

アラタがヤベエ。その一言に尽きます。ヤンキー気質というか、まんまヤンキーなんですよね。昔はかなりの悪ガキだったんでしょうけど、今はそれなりに更生しているように見えてそうでもないという。でも、何も考えずに野蛮なことをしているのかと言えばそういうわけではありませんでした。

一刻を争うときにアラタが強制的にかち込む。そうすることで子供を救うことができるし、自分は責任を取って辞めることができる。どっちもwinwinで良いじゃないかと考えているようでした。

児童相談所による保護がどのようなプロセスで行われるのか分かりませんが、法律の問題やルールなどがあることは分かります。だから、アラタのような人は必要なのかなぁと思いつつ、それでもやっぱりやり過ぎですよねw 

今回アラタがかち込んだ家はクソガキが自作自演しているところでした。ウソ泣きで親に物を買わせようとするの、気持ちは分かるけどいかんでしょ。挙句の果てにはこんなトラブルに発展してしまった。まぁ子供としては計画通りなんだろうけど、親としてはたまったもんじゃありません。児童相談所は何もなかったと分かってるけど近所の人からすればそうとは思えませんからね。

子供は典型的なクソガキでしたが、一方で父親はとても優しい人でした。アラタが顔面を鷲掴みにして喚いていたのにそれを許してくれたんですから。まぁ起訴となれば時間もお金もかかるからってのもあるんでしょうけど。

アラタがこんなことを続けてたら桃ちゃんが言うように絶対にロクなことにはならないでしょうね。

スポンサーリンク

アラタは結婚願望なし!w

アラタの母親は派手なタイプだったんだとか。それでアラタは結婚願望をなくしたのだと言います。結婚願望だけでなく、ぽっちゃりのほうがタイプって…。どれだけ母親がヤバかったのかという話です。

今は冗談のように描かれていますが、こういうシリアス寄りの物語って主人公の過去が重要だったりしますし、後々母親との過去が描かれるような気がします。

まぁそんなわけで結婚願望のないアラタですが、まさか殺人犯にプロポーズするとは予想外にも程があります。これにはアラタ自身も驚いているでしょうね。ほんと何でアラタはプロポーズしてしまったんだ。いくらでも品川を止める方法はあるだろうに。

スポンサーリンク

品川真珠について

品川真珠とは、3人の男性を殺害した21歳の女性。逮捕されたときにピエロの化粧をしていたことから通称品川ピエロと呼ばれている。特徴的なのは太った体型とボロボロの歯。これが一般的に知られている品川の人物像です。

でも、アラタが面会した品川はしっかりと痩せた綺麗な女性でした。アラタいわく高校生に見紛うとのこと。私は高校生には見えなかったけど、えらい美少女って感じで驚きました。まぁ痩せたら人相って変わりますし冷静に考えるとそこまで驚くことではありませんが…。

ただ痩せても変わらない部分があります。歯です。矯正するかインプラントをするか。とにかく人間の手を加えないことには変わりようがありません。そのため品川は美しい外見からは想像できないほどの歯のボロボロさでした。

何をどうしたらここまでボロボロになるんでしょうね。考えられるのは劣悪な家庭環境です。虐待されてボロボロになった。あるいは、貧困・育児放棄により矯正ができずボロボロのまま。

品川がアラタの歯を注視するシーンがありました。これを見たときは歯に対するコンプレックスがあるのかと思ったんですけど、単純にアラタが「育ちが悪い」と言ったことへの確認なのかなぁと思いました。

まぁそこらへんは今後明らかになるでしょうし、何はともあれ次回以降がとても楽しみです!

タイトルとURLをコピーしました