少年のアビス 7話 感想(ネタバレ注意)とりあえずおっぱいを揉みます

ドラマ

ようやく令児の本音を知れて、私としては超スッキリです。だって今までの令児って何を考えているのか分からなかったじゃないですか。いや、考えてはいましたよ。それに悩んでもいた。けど、それが上っ面だけというのは明白でした。

玄にパシリにされても何も思っていない。母親の言うことを聞いている時だってそうです。マジで令児は何を考えているんだろうと不思議に思っていたし、そういう虚ろな感じがかなり気持ち悪かったです。

そしてついに心中へ発展します。死んでしまうんなら自分の中にため込む必要はありません。ここまで来ないと本音を言えないのかという哀れさみたいなものはありますが、それでも令児の本音を知れて良かったです。これでようやく令児のことが好きになれるような気がします。

やっぱり人間味って大事ですよね。

そんな感じで読んでいたんですけど、そこからまさかのおっぱいタイム。いやまぁ確かに死ぬんで、どうせならってのは分からんでもないよ? でも何で服の上からじゃなくて直接触れるんだよw 

ここにきて令児がキモさを炸裂させてて笑ってしまいました。しかも、これ単行本ではなく雑誌で読んでるんですけど「次号、休載します」って書いてるんですよね。リアルタイムで読んでたらこの展開で休載はキレる自信があります。

7話の大まかなあらすじ
  • ナギと令児は雨の中を歩く
  • 途中土建屋の車をみかけた令児は玄への恨みつらみを叫んで笑った
  • 死に場所を求めて歩く二人は語り合うのであった
スポンサーリンク

令児も望んでるんだね

令児も死については考えていました。

でも、それはあくまでも考えているだけであって実際のところどうなのか分かるものではありません。だから何だかんだ言って令児は死ぬつもりはないんじゃないかと思っていました。でもナギの「死ぬのにもってこいの日だね」という言葉に、令児は笑みを浮かべていました。

これだけをみて令児が死ぬことを望んでいると考えるのは安直なのかもしれません。もしかしたら、推しているアイドルが自分と死にたがっているという、非現実的な状況が嬉しかったのかも。

あるいは、どちらも。

けど、ここまでくれば分かりますよね。令児は死ぬことを望んでいる。でも、それはおかしな話ではありません。令児の現状は最悪で未来への希望なんてないんですから、逆に今まで生きていたのが不思議なくらいです。

スポンサーリンク

玄への恨みつらみ

1話のときなんですけど、令児は玄のやっていることに対してしょうがないと言っていました。もちろん、それが本音のはずがありません。自分をイジメている人のやっていることを正当化できるわけないですよね。もしできるなら令児がよっぽどのことをしたか、イカレタかのどちらかです。

でも、今までを読んできた読者なら分かるように、令児は何もしていません。何なら、なにもしていないってのが不味かったんでしょうね。

いじめっ子に反抗すればさらに虐められます。玄の場合は町の有力者ということもあり、誰かに相談することもできません。でも、何もしなければ玄が飽きるまで続くのは当然のことです。だから、令児は諦めるしかなかったんでしょうね。

そんな令児がついに玄に対しての恨みつらみを解き放ちました。でも、言ってることは割としょぼいんですよね。お前のところで働けない。今から死ぬから。玄のことをボロクソに言うことはありませんでした。令児って根っからの良い子ちゃんなんだろうなぁ…。

だから、逃げるという選択肢がないんだと思います。今回のだって玄に直接言うんじゃなくて、車に向かって言っただけだし。

スポンサーリンク

令児の本音

今回の見どころは玄への恨みつらみの後に吐き出した本音です。兄への苛立ち、祖母への嫌悪、母への疑惑。令児の家族の描写はあったものの、具体的なことは描かれずにいました。

ぱっと見兄貴はどうしようもないクズ野郎です。母親に暴言を吐くしこき使ってる。マジでどうしようもありません。でも、初めからこんな人間だったかというとそんなはずはありません。普通に兄貴をしていたとき、外を出歩いていたときがあったはずです。

では、どうして兄貴はここまで変わってしまったのでしょうか。おそらく受験に失敗してから変わっていったんだと思います。それに令児の「兄ちゃんがおかしくなって」という言葉。もしかしたら精神面に異常があるのかもしれません。

受験を失敗したことがきっかけだったのかもしれませんが、変異するまでには他にも要素があったはずです。それが何だったのかとても気になりますし、なんなら今後物語に関わってくるのかもしれません。

個人的にギョッとしたのは祖母への嫌悪でした。私の場合はお婆ちゃんは良い人で、かなりのお婆ちゃんっ子でした。だから、令児が祖母に嫌悪感を抱いていることには随分と驚かされたものです。でも、兄貴と比べられて暴言を吐かれてたら、そりゃ祖母を嫌いますわな。なんなら介護の手伝いをしている令児に驚きです。

母親に関してはそこまでの驚きはありませんでした。前々からそういう片鱗は見え隠れしてたし。とは言え、令児が言っていることが全てその通りだとは思っていません。

とくに介護に関しては疲れがハッキリと見えてたから、そこらへんの影響で出来なかったというのはあり得ることです。だから母親に関しては令児の将来を強制させている点はどうかと思うけど、それ以外は正直そうでもないんじゃないかと思っています。

タイトルとURLをコピーしました