少年のアビス 11話 感想(ネタバレ注意)先生怖いよ!

ドラマ

いや、先生怖いがw 

柴ちゃん先生の言っていることは分かります。昨日彼女らしき人物と心中しようとしていた人の話は不安でしかありません。もし帰して自殺したらどうしようと考えてしまいます。

仮に今の令児は大丈夫だとしても、ナギと再会すれば変わってしまうかもしれません。何だかんだ令児はナギに入れ込んでいるし、これに関しては本当にありえる話だと思っています。

だから、柴ちゃん先生が心配するのは分かるけど、彼女の場合は目的はそれではないですよね。そんなん途中でも明白だったし、最後なんか欲望に忠実じゃないですか。

逆に柴ちゃん先生の家にいるほうが危険なんじゃないかと考えてしまいます。なんか下手なことを言ったら刺されそうな雰囲気をしています。

これあれですね。柴ちゃん先生ヤンデレの素質あるわ。そう考えるとやっぱりこえー! 

令児は柴ちゃん先生に目をつけられたという段階を超えてしまっています。目をつけられたならまだ大丈夫でした。でも、柴ちゃん先生は令児を引き留めるためにキスまでしてしまったわけですよ。

ここまでくると柴ちゃん先生としては引く意味がないと考えてもおかしくありません。何処までも突っ走るぜ!ってなわけで、ブレーキがぶっ壊れたスポーツカーのようなものです。

こりゃ令児死んだな…。

11話の大まかなあらすじ
  • 朝起きれば柴ちゃん先生が朝食を用意してくれていた
  • 食べ終えると柴ちゃん先生は学校へ向かうのであった
  • 令児は母親へ返事をしようとし、柴ちゃん先生は友人へ返信しようとしていた
  • 柴ちゃん先生が帰宅すると令児も帰宅しようとしていて…
スポンサーリンク

朝ごはん美味そう

朝起きたらそこには美味そうな朝食が! 

最高の朝じゃないですか。

朝食の内容自体はシンプルです。白米に味噌汁。目玉焼きにソーセージ。あとはなんだろ。きんぴらごぼうとか? あとの二つはよく分かりませんが、美味しそうな雰囲気はビシビシと伝わってきます。

やっぱり朝食はシンプルに限りますね。たまにガッツリ朝から食べたくなることもありますが、シンプルな朝食は何時だって食べることができます。たまんねえよ。

そんな美味しそうな朝食を作ってくれたのが柴ちゃん先生でした。

昨日から柴ちゃん先生からはヤバい気配がしていて今回最後らへんで正体を現したんですけど、それはそれとして美味しそうなのは事実なんだからしょうがないよね。てか、さっそくヤバい奴というイメージが脳裏にこびり付いていて、ギャップが凄いと思ってしまいました。

スポンサーリンク

勝手にスマホ触るやつゥ!

勝手に他人のスマホを触るやつは間違いなくヤバいです。

スマホと言えば個人情報の塊なわけですよ。自分のパスワードやクレジットカードの番号まで登録している人はいるはずです。私はクレジットカードの番号はともかく、様々なアカウントのパスワードを保存したアプリを入れています。そんなものを持ち歩けるのはスマホにロック機能があるからです。

柴ちゃん先生が令児のスマホから返信したということはロックを解除したということです。令児のスマホがパスワードなのか指紋なのか顔認証なのかは分かりません。でも、寝ている間にコソコソしていたというわけで、やっぱり柴ちゃん先生はヤバい奴ですね。

とは言え、母親に返信しなければ不味いことになっていたのは確かです。心配した母親が警察に通報して令児の自殺の件がバレるかもしれません。もしそんなことがバレれば噂が広まるのは時間の問題です。それに警察が探しに来るということは柴ちゃん先生の家にいることがバレるかもしれないということです。そうなれば柴ちゃん先生は首ですし、これまた令児が虐められる原因になりかねません。

だから、柴ちゃん先生が令児の母親に返信したことはファインプレーなんですけど、それはそれとして人のスマホに触るやつはヤバいってことで。

スポンサーリンク

敬語で納得してくれるんだ

すごく不思議なことなんですけど、令児のlineでの口調って敬語なんですか? 

柴ちゃん先生が代理で返信する際に敬語でしたが母親は納得した様子でした。納得するということは元から敬語なんだろうけど、実の親に敬語というのは珍しくて違和感を覚えました。

これがお金持ちの家とかなら分からんでもないんですけど、令児の家って貧困層だと思うんですよね。それでどうして敬語になるんだろ…。

令児のlineでの口調がどうであれ、あの母親なら今回の返信は違和感を覚えていてもおかしくありません。具体的にどうとは言えないですけど、令児が語っていた母親への印象を考えると十分にあり得ることなんじゃないでしょうか。てことは、後々柴ちゃん先生のことを追及されて苦しい展開になるのかな? 

もしそうなら楽しみですね。なんならそうであって欲しいくらい。

スポンサーリンク

ファーストキス(?)

柴ちゃん先生は処女です。処女だからと言って恋愛経験がないというわけではありません。初体験はまだでもキスの経験はあるかも。少なくとも令児へのキスはスムーズでした。

ファーストキスって上手くいかないことがあると思うんです。

それこそ歯をぶつけてしまったり、別のところに唇を押し付けたり。しかも今回の場合は互いに意識してのことではなく、柴ちゃん先生の一方的なものでした。にもかかわらず、ここまで綺麗にキスができるということは初めてではないのかなと思ったり。

にしても、本当に柴ちゃん先生が怖いです。令児のことを心配しているように見えて、彼女に会いに行っちゃうでしょうという言葉からも分かるようにナギに嫉妬しています。結局ナギは心中することに失敗しましたが、このままだと柴ちゃん先生に殺されるかもしれませんね。

ヤベー、マジであり得そうな展開だ…。

タイトルとURLをコピーしました